人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2019年5月24日

ストライカーに注目! Fリーグ2019/2020プレビュー

Fリーグコラム by 菊地 芳樹
  • Line

Fリーグ2019/2020が、5月25日、26日に東京の駒沢屋内球技場で開幕節を迎える。13シーズン目となった今シーズンも、ディビジョン1は12チームによる3回戦制。レギュラーシーズン終了後に、上位3チームによるプレーオフが行われて優勝が決まる。最下位のチームは、ディビジョン2の2位チームと入れ替え戦を行う(ディビジョン1参加のFリーグ選抜の活動が今シーズンで終了するため、ディビジョン2の1位は自動昇格となる)。

「絶対王者」改め「無敵戦隊オーシャンズ」
名古屋は今シーズンも優勝当確(!?)のスゴさ

リーグ開幕前の前哨戦。5月14日~19日に行われた、ディビジョン1、2参加のカップ戦、オーシャンカップは、名古屋オーシャンズが決勝で湘南ベルマーレを7-0の大差で下して優勝を収めた。名古屋はこれでクラブ通算30冠を達成したことになる。

その戦いぶりも圧倒的だった、ディビジョン2のチームとの戦いもあったが、4試合で44ゴールも奪っている。昨シーズン得点王のヴァルチーニョが健在なほか、遠めからでも鋭いシュートを決めることができるペピータやラファが絶好調。この3人でシーズンの得点王争いをするのではないかと思うくらいだ。

そして強力外国人選手の周りを安藤良平、西谷良介、吉川智貴といった、今、日本で最もエネルギッシュにプレーできるフットサルのエキスパートたちが固めている。攻守においてのプレーの強度が、他チームを圧倒しているのだ。

以前から「絶対王者」と言われてきた名古屋だが、今シーズン、チームは自分たちに「無敵戦隊オーシャンズ」というスローガンをつけた。見る人たちにとってのヒーローになろうという目論見だ。オーシャンカップでは、それまでのフィジカルの強さを押し通すだけでなく、魅力的なコンビネーション、パスワークが見られた。ただ勝利を重ねるだけでなく、どう勝つかという部分に変化がありそうなこのチームの戦いぶりに、注目してみるといいかもしれない。

Fリーグ2019/2020 開幕前の意気込みをチェック!~名古屋オーシャンズ編~

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ