人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2022年4月20日

【輪生相談】将来的には電動化にディスクブレーキは必須なのでしょうか?|サイクルロードレース

輪生相談 by J SPORTS 編集部
  • Line

かれこれ10年以上ロードバイクに跨がってきましたが、ここ最近、機材の進化が止まりません。電動化にディスクブレーキ、恥ずかしながら、電動化、ディスクブレーキのロードバイクに乗ったことがございません。そもそも、ロードバイクが高価すぎて、そうそう買い換えが出来るものではございません。ですが、少しでも速く走る(機材の力で)安全を考慮すれば将来的には電動化にディスクブレーキは必須なのでしょうか?操作感だったり、ロードバイクのデザインといいますか、フォルムはリムブレーキのほうが好きなんですが…。

(会社員 男性)

栗村さんからの回答

栗村さん

機材の高額化についてのご質問が増えている気がしますが、僕としても重要な問題だと思っています。というのも、高額化は、スポーツ自転車の普及の足かせになっているからです。

僕が選手だった80~90年代は、30万円ほどでハイエンドのロードバイクが買えました。しかし、ハイエンドロードバイクの値段は上がり続け、今や150万円以上はザラで、200万円近いモデルさえあります。ざっと5倍以上になっているわけです。

この高額化には海外のロードバイクファンも悲鳴を上げているようですが、僕たち日本人にとってはもっと深刻です。というのも、賃金が上がり続けている他の先進国と異なり、この30年間、日本人の平均賃金はほとんど変わっていないからです。

つまり、30年前には30万円かそこいらで買えたハイエンドバイクが、僕たちの収入はそのままなのにも関わらず、150万円に値上がりしてしまったわけです。しかも、カーボンフレームは1回の転倒でフレームがダメになってしまうこともある……。これではなかなかロードバイクが普及していきません。もちろんエントリークラスやミドルグレードのロードバイクもたくさんありますが、ミドルグレードでも平気で50万円くらいするのが今の時代です。高額化から逃れるのは難しいでしょう。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サイクル ロードレースを応援しよう!

サイクル ロードレースの放送・配信ページへ