人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2019年6月18日

【クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ / レビュー】大荒れのツール前哨戦、フグルサングがキャリア2度目のドーフィネ総合制覇「2013年よりはるかに自分が強くなったと感じている」

サイクルロードレースレポート by 宮本 あさか
  • Line
クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ

大荒れのツール前哨戦だった。まずは天候的に。2019年クリテリウム・ドゥ・ドーフィネのプロトンは、連日ひどい強風や豪雨に晒され、時には雷や雹にさえ襲われた。そして展開的にも。なにしろ7月の主役候補たちが好調さをアピールするどころか、次々と大会を去っていったからだ。

中でもクリス・フルームは、「5勝クラブ」挑戦の貴重な機会を棒に振った。4日目の個人タイムトライアルの下見中に、突風に煽られ壁に激突。右大腿骨、右肘、右肋骨の骨折、さらには椎骨と胸骨にも亀裂が見つかり、6ヶ月の戦線離脱を余儀なくされた。

また昨季はフルームと共にジロ&ツール表彰台に上ったトム・デュムランも、7日目に出走を取りやめた。理由はジロ第4ステージでの落車負傷で痛めた左膝が、炎症を起こしたから。ただ直後に小さな外科手術を受け、膝に入り込んでいた小さな石を摘出。早速ツールに向けて最後の高地トレーニングへと向かっている。

今後の放送予定

大雨で体調を崩したアダム・イェーツとステフェン・クライスヴァイクも、最終日半ばに自転車を降りた。特にイェーツは3日間リーダージャージを着用し、最終第8ステージでも8秒差の2位につけていたが、激しい胃痛で先を続けることは不可能だった。

たとえ最後まで生き残ったからといって、全員が満足して大会を後にしたわけではない。リッチー・ポートは得意の個人TTで思うようなタイムが出せず総合11位、ナイロ・キンタナは最終日のアタックが実を結ばず総合9位。

またフランス期待の星ロメン・バルデは総合10位で終え、「チームも僕自身も良くなかった」と苛立ちを見せた。ただ大会閉幕の翌日にモン・ヴァントゥ・チャレンジに出場し、好走で2位に食い込んだ。同じくフランス人のティボ・ピノは、大会序盤にひいた風邪の影響で、総合5位に甘んじた。それでも結果には「フラストレーションを感じ」つつ、「歯を食いしばって最後まで戦い抜けた」ことには満足している。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧