人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2019年6月5日

【ジロ・デ・イタリア2019 / レビュー】カラパスが史上初のエクアドル人総合優勝!「将来的には、ツールのマイヨ・ジョーヌやブエルタのマイヨ・ロホも着たいんだ」

サイクルロードレースレポート by 宮本 あさか
  • Line
リカルド・カラパス

古代円形劇場をピンク色の道が貫き、抜けるような青空の下、満員の観客席では黃・青・赤の大旗がはためいた。第14ステージにマリア・ローザを手に入れたリカルド・カラパスが、モヴィスターの強固な隊列に支えられ、最後まで危なげなく総合首位の座を守りきった。第102回目のジロ・デ・イタリアが、史上初めてのエクアドル人総合優勝を見届けた。

2019年大会の最終週は、個人タイムトライアルの第21ステージを除いて、毎日のようにドラマチックな逃げ切り勝利が展開された。

例えば第16ステージ。標高2618mのガヴィア峠こそ積雪のため迂回されたが、ジロ伝統の難峠モルティローロが、休息日明けのプロトンの前に立ちはだかった。しかも選手たちの肢体を、否応なく氷雨が濡らした。ただ序盤に出来た21人の逃げ集団から、さらに抜け出したジュリオ・チッコーネとヤン・ヒルトだけが、地形&天候の厳しさを跳ね除け最前線を突っ走った。特に大会初日から青いジャージを身にまとうチッコーネは、肝心の山岳ポイントも着実に収集しつつ、後方のエース(ロペス)を気にしてスピードの上がらないヒルトを横目に、半袖ジャージで精力的な加速を繰り返した。ラストは雨と汗と鼻水とがすべて混じり合うような、そんな極限のコンディションの中で、24歳の若きイタリアンクライマーが勇敢に区間勝利をさらいとった。

翌17ステージは、18人の逃げ集団から区間勝者が生まれた。ラスト15kmで、勝利へと続く一発を決めたのは、「アタックは一発しか打たない」と決めていたナンス・ペテルス。そのまま山の上のバイアスロン用トラックを真っ先にこなし、歓喜のプロ初優勝へと駆け込んだ。

3週間の中で最も衝撃的な大逃げ劇は、第18ステージで演じられた。スプリンター向けコースで、残り250mで渾身のスプリントを切ったチーマが、すでに区間2勝のパスカル・アッカーマンの恐ろしい追い上げをかわし切ったのだ。本人にとっても、日伊合同チームのNIPPOにとっても、初めてのジロ区間勝利だった。3週間の中で最も大きな笑顔が弾けたのは、第19ステージかもしれない。2016年にジロ総合2位・ブエルタ総合3位と自転車界を大いに席巻しながらも、伝染性単核球症に苦しめられてきたエステバン・チャベスの、完全復活のアピールだった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧