人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2019年5月1日

【エシュボルン=フランクフルト / プレビュー】この春最大の焦点は……やはり「誰がアレクサンドル・クリストフに対抗できるのか!?」

サイクルロードレースレポート by 宮本 あさか
  • Line

サイクルロードレース 放送予定

ドイツ全土の労働者にとって、5月1日とはメーデーの祝日だけれど、世界中の自転車ファンにとっては、楽しいエシュボルン=フランクフルトの日である!今年もインターナショナル・レイバー・デーに、自転車界のトッププロたちは、せっせと仕事に勤しむのだ。

2019年で57回目を迎える歴史と格式あるセミクラシックは、2年前からUCIワールドツアー大会に昇格を果たした。さらには「ルント・ウム・デン・フィナンツプラッツ=金融センター一周」(フランクフルトは欧州屈指の金融都市として有名だ)などという少々堅苦しい名前から、昨季シンプルに、スタート地とフィニッシュ地の都市名をつなげた「エシュボルン=フランクフルト」へと生まれ変わった。

つまりエシュボルンとフランクフルトという、距離にしてわずか15kmほどしか離れていない2都市を結ぶレースの、この春の最大の焦点は……やはり「誰がアレクサンドル・クリストフに対抗できるのか!?」に尽きる。

なにしろモニュメント2勝のクラシックハンターは、2014年大会から負け知らずの4連覇中(2015年大会はテロの危険性があり中止)。本人曰く「起伏含みの難コース」でありながら「フィニッシュはスプリント」という、「自分の脚質にこれほどあったコースはない」そうだ。

レースは30kmほどの平坦で始まり、30kmほどの平坦で終わる。途中には8つの上りが待ち受ける。クリストフが制した4大会とまったく同じく、2019年大会も登坂距離11kmのフェルトベルクからアップダウンに突入し、その後に登坂距離2.1km・平均勾配8.1%という急坂マンモルシャインを4度通過する。

ただし昨大会はマンモルシャインの1度目と2度目の後に、ビルタルホーヘ(2.6km、6.2%)とルッペルシャイナー(1.3km、8.6%)の連続登坂が挟み込まれたのに対して、今年の寄り道は2度目の通過後のみ。つまり「ピュア」スプリンターの脚を削るチャンスが、去年よりは少し減るというわけ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧