人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2021年12月24日

【ハイライト動画あり】松徳学院:明星学園相手に力尽きたものの、出場メンバー10人で臨んだウインターカップで手にした1勝は大きな成果 | ウインターカップ2021 レビュー

ウインターカップコラム by 青木 崇
  • Line
松徳学院の伊藤選手と今若選手

松徳学院の伊藤選手と今若選手

留学生の高さとフルコートで激しくディフェンスしてくる明星学園に対し、松徳学院は2Q中盤まで23対30とリードされながらも食らいついていた。しかし、時間の経過とともにボディブローを浴び続けるかのような劣勢に直面。攻防両面で自分たちのプレーをさせてもらえない状況が長くなり、3Q2分27秒に点差は40まで開いてしまう。

しかし、今若羽菜、伊藤桜、柏井望々華の3年生たちは40分間プレーするなど、松徳学院は最後の最後までハードに戦い続けた。結果は41対95というスコアでの敗戦となったが、出場メンバー10人で挑んだウインターカップで1勝できたことに大きな意味があった。

「点差は開いたんですけど、大変悔しいですね。選手が今までやってきたことをなかなか発揮できなかったところが悔しいし、私の責任が大きいかなと。残念です。選手は必死になって戦う姿を見せてくれたのでよかったと思うんですが、なかなかうまく機能しませんでした」

J SPORTS 放送情報

チームを率いて5年目の目次寿明コーチは、試合をこのように振り返る。夏のインターハイ後に一部の3年生部員がチームを辞めたため、元々部員16人という少数精鋭のチームは10人で秋を迎えた松徳学園。島根県予選を勝ち抜いて2年連続のウインターカップ出場を果たし、12月23日の1回戦でれいめいを96対81で破るという結果を出した。努力して一体感を増したチームを目次コーチは誇りに感じている。

「インターハイから3年生がいろいろな事情で辞めてしまったので人数が少なくなってしまったのですが、そこからよく3年生3人と下級生でチームがまとまってここまで来られたのは、自分でも本当に生徒たちを褒めてやりたいと思います。去年が初出場でよく頑張ったんですけど、今年は今年ですごいなというか、自分でもここまでできるとは思ってなかったです。県大会を突破できるところからチームがまとまって、今回は県大会の決勝からメンバーが変わっているんです。ケガから回復した1年生を入れたりして、1か月しかなかったんですけど1回戦を突破できたので、自分としても本当によくやってくれたかなと思います。全国大会でもいろいろなことをやりようによっては、1回戦突破できるかなと。島根県はレベルがなかなか上がらないところですけど、それでもインターハイと今回の両方1回戦を勝てましたので、よかったと思います」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ