人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2021年12月22日

全文公開!米須玲音(東山→日本大学)| ウインターカップ開幕直前 卒業生インタビュー

ウインターカップコラム by J SPORTS 編集部
  • Line
米須玲音

米須玲音

昨年のウインターカップでの米須玲音は、東山の司令塔として視野の広さを活かしたゲームメイクと非凡な得点能力を武器に、見ている人たちを魅了するプレーを連発した。仙台大学附属明成との決勝戦では、第4クォーターの終盤で逆転されての悔しい負けを経験。高校卒業後に日本大学に進学し、インカレ後にBリーグの川崎ブレイブサンダースの特別指定選手となった米須にとっては、ウインターカップの経験を糧にもっとレベルアップしなければと思いが強くなっている。

Q 先日のインカレは残念ながら2OTの激戦で筑波大に敗れてベスト8に終わりました。大学の1年目はどんなシーズンでしたか?
「最初入学して春のトーナメント(関東大学バスケットボール選手権)で優勝することができ、リーグ戦でも2位といういい結果で終わりました。その調子でインカレに臨みましたが、ベスト8ということで、昨年の結果を超えることはできましたけど、自分たちは優勝という目標でずっとやってきたのにベスト8という形で終わってしまったのがとても悔しいです」

Q 大学でプレーするようになってから、高校からの違い、アジャストで大変だったところ、何かありましたか?
「新しいチームでやるということでは、周りとのコミュニケーションというのが取りずらかったなと思っています。自分は下級生ですが、多くの上級生たちが試合に出ていたため、先輩に強く言うことがあまりできていなかったと感じているところはあります」

Q ウインターカップでの激戦から1年が経過しようとしています。昨年の今ごろ、どんな心境で大会に向けた準備をしていたか覚えていますか?
「昨年はウインターカップ予選で洛南さんに負けてしまった後、本戦までしっかりやっていこうと話し合っていました。この時期はやはり“日本一を絶対獲る”という思いで、自分も含めてチームとしてやってきました。本当にこの時期は気を抜くことなく、チームがまとまってやれていたという記憶はあります」

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ