人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2021年12月19日

全文公開!ハーパー・ジャン・ローレンス・ジュニア(福岡第一→東海大学)| ウインターカップ開幕直前 卒業生インタビュー

ウインターカップコラム by 青木 崇
  • Line

3連覇を目指していた福岡第一のキャプテンとして、ハーパー・ジャン・ローレンス・ジュニアはすごいプレッシャーを感じながらウインターカップの準備をしていた。順調に勝ち上がって迎えた準々決勝の仙台大附明成戦は、事実上の決勝と言ってもいいくらいのマッチアップ。得意とする走る展開のバスケットをなかなかできない中でも、福岡第一は試合の大半をリードしていたが、終盤に力尽きて3点差で惜敗。ハーパーは今まで試合に負けてもまったく泣くことがなかったと言うが、この敗戦後はいろいろな思いが込み上げて、涙が止まらなかった。今回のインタビューでは、仙台大附属明成戦のことや試合後に感情的になって涙が出た理由などについて話を聞いた。

無料動画

ハーパー ジャン ローレンス ジュニア選手

Q インターハイがコロナで開催できず、試合経験が足らない中で迎えたウインターカップ。3連覇を狙うチームのキャプテンとして、大会を迎えるまでの期間で苦労した部分は?
「インターハイとかもなくなってチーム的にもモチベーションが下がっていた中で、ウインターカップが開催されるというのが決まりました。モチベーションの保ち方が難しかったです」

Q そんな状況の中、昨年の今ごろはどんな心境で日々を過ごしていましたか?
「ウインターカップが近づくごとに3連覇しなければいけないというプレッシャーがだんだん強くなってきて、キャプテンとしてチームを最後までまとめなければいけないなという風に思いました」

Q 今までに感じたことのないプレッシャーだったわけですね?
「はい、そうです」

Q 1回戦から3回戦までは順調に勝ち上がりました。事実上の決勝という声もあった仙台大学附属明成との準々決勝を迎えるにあたり、勝敗を左右する材料はどんなことになると考えていましたか?
「どれだけ自分たちのプレースタイルができるか、ディフェンスから素速い速攻にどれだけ持ち込み、どれだけそれを出せるというのがすごくカギになっていたんですけど、うまく明成にやられて自分たちのブレイクが出せず、試合が終わったという感じになりました」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ