人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2019年12月18日

ウインターカップ女子プレビュー:東海勢による2強体制は不変。アマカの成長が著しい桜花学園がわずかに優勢か

ウインターカップコラム by 青木 崇
  • Line
桜花学園
インターハイを2連覇した桜花学園だが、ウインターカップは一昨年が3位、昨年がベスト8敗退とタイトル獲得を逃している。3年ぶりの頂点に向けて、チームのモチベーションは高い。しかし、井上眞一コーチは、1年生(16歳以下)しか出られない国体でも優勝することへのこだわりがあった。指揮官が望む結果を出したといえ、ウインターカップに向けてのレベルアップと準備に関しては、例年に比べると遅れていることを否定しない。 「令和元年だから三冠を獲りたいという気持があったから、国体に集中したところもあって、2、3年生をあまり見られなかった。今(12月上旬)は夏より弱いじゃないかと思う」
井上コーチがこう語るとはいえ、桜花学園には平下愛佳と岡本美優の3年生を筆頭に、昨年のチームからスターターが4人残っている。また、2年生となった留学生、オコンクウォ・スーザン・アマカがインサイドの中心選手として着実に成長中。1年生から先発の司令塔を務める江村優有、3Pシューターとしてインターハイで存在感を示した前田芽衣、故障から復帰して国体制覇に貢献した1年生の平下結貴ら、能力の高い選手を数多くそろえている。ウインターカップまでにチーム力をどこまで高められるのか? 百戦錬磨の井上コーチがどんな手腕を発揮するかという点でも目が離せない。   桜花学園の対抗は、2010年中盤から高校女子バスケットボール界の2強を構成している岐阜女。昨年2度目の優勝を果たし、今回2連覇を狙う状況にあるものの、インターハイでは桜花学園に59対72で敗れて準優勝に終わった。
  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ