人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2019年12月17日

ウインターカップ男子プレビュー:2連覇を狙う福岡第一が本命も、大会序盤で好カード目白押し

ウインターカップコラム by 青木 崇
  • Line

福岡第一から勝利したことで、東山が対抗勢力となったと言っていい。米須玲音を起点にしたオフェンスで主導権を握るタイプのチームとはいえ、ゴール前に立ちはだかるムトンボ・ジャン・ピエールがディフェンスで強烈な存在感を示せることも強み。着実に勝ち上がることができれば、福岡第一との準決勝が事実上の決勝になることも十分考えられる。

福岡第一と東山に続く勢力は、インターハイで強豪校を次々と撃破して決勝に進んだ北陸、ベスト4の開志国際と報徳学園、福岡大附大濠、明成といったチームになるだろう。その中でも2回戦でマッチアップすることが濃厚な開志国際と福岡大附大濠の試合は、大会序盤屈指の好カード。この勝者は虎視眈々と上位進出を狙う洛南と対戦する可能性が高い。また、延岡学園と高知中央戦はともに留学生を擁するチーム同士だが、戦い方に大きな違いがある点で注目に値する。

その下のブロックでは、東海大付諏訪が1回戦で明徳義塾戦を撃破すれば、明成と当たることが濃厚。また、同じブロックには公立校を代表する強豪同士、広島皆実と市立船橋の対戦があり、その勝者は中部大第一と対戦かもしれないというからも間違いなく激戦区。ここを勝ち上がったチームと準々決勝で当たりそうな北陸は、土浦日本大とのマッチアップが濃厚な3回戦を突破できるかが、成功を手にするためのカギになるだろう。

逆サイドのブロックでは、伝統校の能代工がインターハイに続いてベスト8まで勝ち上がれば、福岡第一との対戦が期待できる。シード校の中で最も組み合わせに恵まれたのは報徳学園で、3回戦までコンゴロー・デイビッドの存在で優位に立てる相手が続く。大波乱が起きない限り、東山と準々決勝で当たるだろう。

簡単に展望してみたものの、高校生の一発勝負だけに予想外の結果が出ても不思議でないし、劇的なシーンの連続で盛り上がるウインターカップを期待している。

文:青木崇

青木 崇

青木 崇

NBA専門誌「HOOP」の編集者からフリーのバスケットボールライターとなる。NBAファイナル、NCAAファイナル4、世界選手権などビッグイベントの取材や執筆活動を行なっている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ