人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2019年12月4日

【高校バスケ ウインターカップ2019】富山工:団結力日本一のチームであることをウインターカップで証明する

ウインターカップコラム by 青木 崇
  • Line

チームスタッフの一人が、彼らを追いかけたドキュメンタリーを絡ませながら自分たちを投影させるような映像を制作。それを見た部員たちは、それぞれの役割を理解し、献身的に行動することを自然にできるようになってきたのだ。コーチによる強制でなく自発的に身についたことに、「これはうれしかったです」と松井コーチは語る。

“団結力であれば、実力の日本一の福岡第一とも戦える”

福岡第一には試合で勝てないかもしれないが、団結力で日本一になる。それを実現ためには、団結力のディフェンスとは何か? というところから始まり、県大会を圧倒的な団結力で突破し、自分たちの中で団結力日本一を証明できる感動大賞(大会本部による選出)を手にするには、初戦が大事ということへと至った。

インターハイ以降の富山工は一体感のレベルが上がり、考えの違いから衝突があったとしても、風通しのいいコミュニケーションができるようになった。12月23日に行われる日本航空との1回戦は、富山工が団結力日本一を証明するための大事な舞台になる。3年生の浜子武己はチームの大黒柱として、ウインターカップへの意気込みを次のように語った。

「一つ一つ当たり前のプレーやルーズボールだったり、ディフェンスを粘り強くすることによって、相手のミスを誘うことや自分たちの流れに持っていけると思います。当たり前のことをしっかりやって、自分たちの力を出して勝ちたいなと思います。自分はチームのエースであることを自覚して、オールラウンドなプレーが得意なので、外からでも中からでも得点できるように頑張りたいと思います」

文:青木崇

青木 崇

青木 崇

NBA専門誌「HOOP」の編集者からフリーのバスケットボールライターとなる。NBAファイナル、NCAAファイナル4、世界選手権などビッグイベントの取材や執筆活動を行なっている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ