人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2019年2月12日

【2018-19 B.LEAGUE NOTEBOOK 17】ミニインタビュー:ライアン・ロシター(栃木ブレックス #22)

B.LEAGUEコラム by 青木 崇
  • Line

2013年に栃木ブレックス入りして以来、ライアン・ロシターは大黒柱としてチームを牽引。今季も平均20.6点、11.5リバウンドと平均でダブルダブルを記録し、11月の滋賀レイクスターズ戦でトリプルダブルを達成するなど、チームメイトへの得点機会を作り出すことのできる選手へとレベルアップしている。2月10日のサンロッカーズ渋谷戦後、3分の2が終わった今季についていろいろ話してもらった。

Q 32勝8敗でブレイクを迎えましたが、チームのパフォーマンスについてどのような印象を持っていますか?
「このような成績を残していることと、シーズンの3分の2を戦ってきてのパフォーマンスについては、ハッピーに思っている。数試合やり直せたらというのがあるけど、その敗戦から学べることは決して悪いことじゃないし、前向きに捉えられることもできている」

Q シーズン開幕前に取材した時、メンバーの顔ぶれに大きな変わりがないことの優位を生かせると言っていました。ケミストリーはある程度構築できていた点が、他のチームと違うアドバンテージになっていますか?
「スペーシングやコート上にいるメンバーの特性や傾向を理解できるということでは、すごく重要だね。終盤まで僅差の試合であっても、我々はお互いを信頼してプレーできているし、(比江島)慎もチームにフィットしつつある。彼は難しさを感じることなく我々とプレーできると思う」

Q シーズン序盤は得点面で牽引することも多かったですが、中盤からは多くの選手が得点で貢献するようになりました。今日の試合は5人が2ケタ得点だったように、バランスよく得点することの重要性をどう捉えていますか?
「多くの選手が3Pシュートを決められるし、我々はわがままなところがないチームだから、みんなでボールをシェアできている。オフェンスが苦戦している時や、どうしても得点がほしい局面になれば、私がステップアップして決められればと思っている。ボールムーブをしっかりやって、シュートの調子がいいとなれば、我々をディフェンスするのは難しくなる」

Q スコアラーとしてステップアップしている遠藤(祐亮)の成長についての印象は?
「2シーズン前かな、古川(孝敏)が足のケガをした際、彼がステップアップして7試合で2ケタ得点を記録した。我々はいつでも“彼はできる”と思っていたし、私や(田臥)勇太は常に“シュートを打て!”と言い続けていたよ。たとえ外れたとしても、彼はいいシュートを打っている。だから、我々は“打て!”と叫んでいたものさ。今季はそれをやる必要がない。自分のゾーンに入ったらシュートを打つという意識があるし、我々にとってよりいいスペースを作ることにもなっている」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧