人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2018年12月17日

【ウインターカップ2018 プレビューコラム / 前橋育英高等学校】ここ2年直面している全国2勝の壁を突破し、昨年大敗した明成への再チャレンジが大きな目標

バスケットボールレポート by 青木 崇
  • Line

インターハイ予選決勝で苦しんだ以外、前橋育英は昨年に続いて群馬県内で圧倒的な強さを見せた。ウインターカップ予選決勝では、桐生第一を倒した前橋商を116対72のスコアで大勝。「インターハイ予選の時に比べて、ディフェンスをしっかりやったというのが勝因だと思います。言ったことを生徒が徹底できるようになってきたことと、控えで新しい力が出てきたので、ウインターに向けて楽しみな材料だと思います」と語る加賀谷寿コーチの下、前橋育英は全国レベルだとサイズの小さいチームながらも、基本に忠実なプレーで勝つというスタイルが定着してきている。

チームの核となるのは、キャプテンの近藤虎ノ介と非凡なセンスを持つ野本康悟のガードコンビ。2人とも得点機会をクリエイトできるだけでなく、シュート力でも相手にダメージを与えることができる。「プレー面で先頭に立てる選手であり、負けず嫌い」と加賀谷コーチが語るように、近藤は昨年控えながらも、四日市工との1回戦で3本の3Pシュートを含む13点を記録。一昨年できなかった初戦突破に大きく貢献した経験は、今年のチームにとって貴重である。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ