人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2022年7月26日

【横浜好き】前半戦の最後は3連敗も2位と1.5ゲーム差で前半を終了。『週刊ベイスターズいいとこどり』7月18日~7月24日号

野球好きコラム by 大久保泰伸
  • Line

横浜DeNAベイスターズ

勝率5割に戻して挑んだ阪神とのクライマックスシリーズ圏内争いは、まさかの3連敗で前半戦が終了…。それでも2位までのゲーム差はわずか1.5ゲーム差と、オールスター明けの戦いが楽しみになってきました。今回はロードでの6試合、「いいとこ」を探していきましょう。

J SPORTS オンデマンド番組情報

◆7月18日(月)○2-1 中日(バンテリンドーム)

ロースコアの接戦でヒーローになったのが佐野恵太。自身3年連続シーズン100安打に達する逆転2ラン本塁打が決勝点になった。わずか3安打の打線で佐野が2安打、残りの1安打は投手のロメロが記録した。

そのロメロは6回途中1失点で5月10日以来となる4勝目。桑原将志がビシエドの大飛球をフェンスに激突しながら好捕と、守備で貢献した。ロメロが残した2死2・3塁のピンチは平田慎吾が無失点で切り抜け、7回からはエスコバー、伊勢大夢、山崎康晃が走者を1人も許さない完璧なリリーフで、虎の子の1点を守り切った。

◆7月19日(火)●2-3 中日(バンテリンドーム)

前日の試合で左足首を痛めた牧秀悟が欠場。代わりに4番に入ったソトがタイムリーを含む2安打、佐野と宮崎敏郎もマルチ安打を記録するなど、1番から7番までが安打を記録。相手を上回る10安打を放ったが、得点は6番に入った大和のタイムリー二塁打との2点のみに終わった。先発の石田健大は初回の3失点が致命傷になった。入江大生が1イニング、三上朋也が2イニングを無失点に抑えたが、4回以降、両チームともスコアボードに0以外の数字が入ることはなかった。

◆7月20日(水)○6-4 中日(バンテリンドーム)

嶺井博希の先制2ランから佐野の2ラン、蝦名達夫のソロと効果的な一発で得点を重ねた。佐野は最終回にダメ押しのタイムリーも放って3安打猛打賞。この日も1番から7番の先発野手が安打を記録し、8番の森敬斗も2四球を選んだ。先発の大貫晋一が7回2死まで2失点、8奪三振。ちょうど100球で降板してチームトップの7勝目をマーク。最後の山崎が2失点を喫したが、エスコバー、伊勢は無失点でホールドを記録した。

◆7月22日(金)●3-6 阪神(甲子園球場)

スタメン起用の楠本泰史が防御率1点台の難敵・青柳晃洋から先制本塁打を放ったが、5月5日以来の先発となった坂本裕哉がリードを守れなかった。京山将弥、宮國椋丞と2番手以降が失点を重ねる中、砂田毅樹が1イニングを無失点。攻撃陣は9回に途中出場の柴田竜拓と宮崎がこの試合チーム初の連打でチャンスを作り、楠本と山下幸輝の内野ゴロで2点を返したが、反撃もそこまでだった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ