人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2022年7月7日

【ハイライト動画あり】大谷翔平、1日遅れで自らの誕生日を祝う。10奪三振、2打点、1盗塁は史上初

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

大谷翔平、1日遅れの誕生日祝い

エンジェルスの大谷翔平は現地7月6日(日本時間7日)、敵地でのマーリンズ戦に「3番・投手兼指名打者」で先発出場すると、マウンド上では7回2安打1失点(自責0)、10奪三振3四球と圧巻のパフォーマンスを見せると、打席では5回に決勝点となる2点適時打を放ってチームを5-2の勝利に導いた。

またも自身の登板する試合でチームの連敗を止めた大谷は、これで今季の投手としての成績を8勝4敗、防御率2.44、111奪三振とした。

MLB中継2022

現地局『CBSスポーツ』は同日付で「エンジェルスのショウヘイ・オオタニはマウンド上で支配的、打席ではチャンスで打ってマーリンズの勝利」と題した記事を掲載し、その冒頭で「ロサンゼルス・エンジェルスの二刀流スーパースター、ショウヘイ・オオタニは支配的なパフォーマンスでチームを5-2の勝利に導いた」とした。

その上で、「最も注目すべきは、大谷がマウンド上でマイアミ打線を抑圧したところ」とし、「オオタニは7回を投げ、10奪三振3四球とする傍ら、2安打と自責の付かない1点しか許さず、自身の連勝を5とした」と、この日の快投を振り返った。

また、記事ではその投球内容と速球の球速について、「オオタニはマイアミに対し、素晴らしく効果的だったスライダーに頼りつつ、スピードガンで3桁に達する速球を6球投げた」と伝えた。

さらにこのところのパフォーマンスを引き合いに、「彼はもうすぐやって来るオールスターゲームにおけるアメリカン・リーグ先発投手の有力候補であり、今一度、MVPの議論にも上るだろう」と、マウンド上での好調の先にある今後の見通しについて記した。

一方、『MLB.com』は同日付で掲載した記事で、「ショウヘイ・オオタニは自身の誕生日を1日遅れで祝った」とした上で、「オオタニは打点が公式記録となった1920年以降では、同じ試合で投手として10奪三振をマークしつつ、打者として2打点と1盗塁をマークした史上初の選手となった」とこの日の快挙について伝えた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ