人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2022年6月7日

【横浜好き】ホームで3勝3敗、週末の連敗を12でストップ。『週刊ベイスターズいいとこどり』5月31日~6月5日号

野球好きコラム by 大久保泰伸
  • Line

横浜DeNAベイスターズ

ハマスタでの交流戦6連戦。連日行われたレジェンドOB対決は懐かしく、そして楽しい企画でした。大入り満員となったスタンド、止まった連敗に止まらなかった連敗…、先週もいろいろありましたが、今回も“いいとこ”を探していきましょう。

J SPORTS オンデマンド番組情報

◆5月31日(火)○4-1 オリックス(横浜スタジアム)

先発した今永昇太が6回まで毎回の8奪三振、1失点で2勝目。毎回安打も許したが、自らのけん制でピンチを脱するなど、粘りの投球が光った。7回からエスコバー、伊勢大夢、山崎康晃が被安打0で反撃を許さなかった。打線は大和の自身1週間ぶりとなるタイムリーが決勝点に。お立ち台では「今日のゲーム展開は田代(富雄)さんが作ってくれた」と、レジェンドOB対決で安打を放った巡回打撃コーチに感謝した。1番起用が続く佐野恵太が3試合連続タイムリーなど2安打、牧秀悟もマルチ安打で打点もマークした。

◆6月1日(水)●1-5 オリックス(横浜スタジアム)

わずか3安打と沈黙した打線で、意地のタイムリーを放ったのが、8番まで打順が下がった桑原将志。チームの安打はこの回の大和、嶺井博希を加えた3本のみで、6イニングで三者凡退と振るわなかった。投手陣は先発のロメロが4回途中3失点と試合を作れず、3番手のクリスキーも1失点。入江大生(1回1/3)、田中健二朗(2/3回)、三上朋也(2回)は無失点に抑えた。

◆6月2日(木)●1-3 オリックス(横浜スタジアム)

2番でスタメン出場の蝦名達夫が、初回に2020年9月以来、630日ぶりとなるプロ2本目の本塁打を放ったが、得点はこの1点のみ。4安打に終わった打線で、蝦名はひとりマルチ安打と定位置どりをアピールした。1安打の大和は守備でも満塁のピンチで失点を防ぐ好プレーを見せた。投手陣は、先発の濱口遥大が6回途中2失点と試合は作ったが、打線の援護がなく交流戦13試合目の登板で自身初黒星を喫した。

◆6月3日(金)○7-0 楽天(横浜スタジアム)

初回のに宮崎敏郎が内角球をうまく捌いた技ありの先制2ラン。3回には牧がレフトスタンド上段へ放り込む3ランで引き離し、佐野と代打で登場した桑原のタイムリーでダメ押しと、主力打者が活躍。宮崎、牧、嶺井の3人がマルチ安打を記録した。投手陣は先発の大貫晋一が5回無失点で自身3連勝となる今季4勝目。6回からは入江が2イニング、三上、宮國椋丞が1イニングずつを無失点で4人の完封リレーとなった。シーズン前の故障から復帰し、今季初昇格となった森敬斗が代走で出場し、ショートの守備で軽快な動きを見せた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ