人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2022年5月24日

【横浜好き】今永昇太が1003日ぶりの完封勝利。『週刊ベイスターズいいとこどり』5月17~22日号

野球好きコラム by 大久保泰伸
  • Line

横浜DeNAベイスターズ

交流戦前、同一リーグ相手の最後の1週間。エースと主砲の見事な復活、リリーフ陣の奮闘、止まらない4番打者など、いろいろあった横浜DeNAベイスターズの“いいとこ”を探していきましょう。

J SPORTS オンデマンド番組情報

◆5月17日(火)○4-0 中日(バンテリンドーム)

今季2度目の登板となった今永昇太が1003日ぶりとなる完封劇で今季初勝利。1回から4回まで毎回2個ずつの三振を奪うなど、8回を除く毎回の13奪三振という圧巻の投球を見せた。打線は牧秀悟が本塁打とタイムリー二塁打で2安打2打点。大和がタイムリーを含む2安打1打点、8番でスタメン出場した神里和毅も2安打を記録した。

◆5月18日(水)○7-6 中日(バンテリンドーム)

打撃戦を制して今季バンテリンドーム負けなしの5連勝とした試合は、前日無安打だったソトが2本のタイムリーを含む3安打2打点と活躍。牧は今季10号となる3ラン本塁打を放ち、球団史上3人目となる新人から2年連続2ケタ本塁打を記録した。宮崎敏郎、大和がマルチ安打。藤田一也が代打で決勝点となるタイムリー内野安打を放った。

投手陣は先発のロメロが6回途中5失点で降板後、入江大生田中健二朗伊勢大夢が無失点。エスコバーが被弾で1点差とされたが、最後は山崎康晃が三者凡退で今季5セーブ目をマークした。

◆5月20日(金)○3-1 ヤクルト(横浜スタジアム)

地元に首位ヤクルトを迎えた初戦は、初回のソトと牧の連続タイムリーによる3得点で勝利を決めた。6試合連続安打、3試合連続打点の牧は二塁守備でも投手を救うファインプレー。スタメンマスクの嶺井博希は、好リードに加えて2安打と打撃でも魅せた。

先発した被安打4、1失点の大貫晋一が5回完了で降板も、今季2勝目をマーク。この日も6回以降は5投手が無失点でヤクルトの反撃を許さなかった。4番手として7回に登板し、わずか7球で三者凡退に抑えた伊勢は開幕から20試合連続無失点となった。

◆5月21日(土)●2-9 ヤクルト(横浜スタジアム)

背中の張りから復帰し、5月5日以来のスタメンとなった佐野恵太が2安打、宮崎もマルチ安打など打線は8安打を記録したが、得点は神里のタイムリーによる2点のみ。ソト、牧の3、4番が無安打という結果が敗因につながった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ