人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2022年4月26日

【横浜好き】晴れのち雨の1週間。『週刊ベイスターズいいとこどり』4月19~24日号

野球好きコラム by 大久保泰伸
  • Line

横浜DeNAベイスターズ

横浜スタジアムで阪神を3タテなんていつ以来?と喜んでいたら、開幕3連敗を喫した広島にまた……。3歩進んで2歩、ならぬ3歩下がった先週の6試合、「いいとこ」を探していきましょう。

J SPORTS オンデマンド番組情報

◆4月19日(火)○5-4 阪神(横浜)

序盤の4点ビハインドから逆転勝利のヒーローとなったのが、3番手で登板した田中健二朗。5回の1イニングを無失点に抑え、実に1363日ぶりとなる白星をマークした。先発のロメロが2回4失点で降板後、今季初登板となった宮國椋丞が、2イニングを無失点で試合の流れを引き寄せた。

リードした後は入江大生エスコバー伊勢大夢が1イニングずつをゼロに抑え、最後は三嶋一輝がダイビングキャッチの好守備を見せるなど、気迫の投球で1点リードを守って今季初セーブを記録した。打撃陣は決勝打を放った宮崎敏郎が4打数4安打の固め打ち。大和が2安打1打点、田中俊太が1打点、大田泰示は2安打とスタメン起用された選手が活躍し、代打で登場した藤田一也はタイムリーで復帰後初打点をマークした。

◆4月20日(水)○1-0 阪神(横浜)

牧秀悟ら4選手がコロナ陽性から復帰した試合は、9回終了までスコアレスの投手戦に。殊勲の一打を放ったのがソトで、延長10回、ライトスタンドぎりぎりに入る自身3年ぶりとなるサヨナラ本塁打で歓喜の輪を作った。10回完封勝利の投手陣は、先発の東克樹が7回まで奪三振8の熱投。伊勢とエスコバーで1イニングを抑えた後、三嶋が2イニングで4つの三振を奪う好投で、前夜の初セーブに続いて今季初勝利をマークした。

◆4月21日(木)○7-5 阪神(横浜)

雨中の打撃戦となった第3戦は、コロナ陽性から復帰し、即1番でスタメン出場した楠本泰史が本塁打を含む3安打1打点と活躍。2番の大田も3安打猛打賞で1打点、牧はバースデーアーチとなる3ラン本塁打を放った。藤田がこの日も代打で勝ち越しタイムリーと勝負強さを発揮した。投手陣は2番手で登板した池谷蒼大が、クリーンアップを三者凡退斬りでプロ初勝利をマーク。6回を無失点に抑えたクリスキーが、降雨コールド勝ちの恩恵を受けて来日初セーブを記録した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ