人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年9月22日

大谷翔平、特大の45号本塁打。指揮官は「あの一発はホームラン2、3本分」とコメント

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

トップに1本差の45号

二刀流スターのバットから久方ぶりに快音が響いた。エンジェルスの大谷翔平は現地9月21日(日本時間22日)、本拠地エンジェルスタジアムでのアストロズ戦に2番・指名打者で先発出場すると、8回の第4打席に特大の45号本塁打を放った。

これで大谷は今季MLBの本塁打王争いで首位を走るブルージェイズのブラディミール・ゲレーロJr.と、ロイヤルズのサルバドール・ペレスに対し、1本差に迫った。

J SPORTS 放送情報

  • MLB中継2021

    日本人選手先発試合を中心に生中継!

『MLB.com』でエンジェルスを担当するレット・ボリンガー記者は、同日付で投稿した試合の速報記事の冒頭で、「ショウヘイ・オオタニはしばらくホームランを打っていなかったが、二刀流スターはソロ弾の45号を放った」とした。

その上で、「9月10日以降、柵越えを放っていなかったオオタニは、これでエンジェルス史上、単一シーズンの本塁打記録でマイク・トラウトの2位に並んだ」と伝えた。なお、球団記録は2000年のトロイ・グロースによる47本となっており、大谷はこの記録も射程圏に捉えている。

カウント2-1から速球を弾き返したこの45号弾は、打球初速116.1マイル(約186.8キロ)、推定飛距離445フィート(約135.6メートル)の特大アーチとなり、記事によると、試合後、ジョー・マドン監督は「あの一発を分割すれば、ホームラン2、3本分になるんじゃないかな。粉砕したね」。

「彼のその前の打席の、右翼へのライナーでの単打も良かったと思う。このところ、彼が逆方向へフライを打っているのも見ている。だから、良い兆候だ。彼は大丈夫だし、プレートでもマウンドでもかなり力強く締め括る位置にいる」と述べたとのこと。

また、ボリンガー記者によると、「彼が打者として、走者として、そして投手として成し得てきたことを考えると、マドン監督はオオタニがゲレーロとペレスを上回り、アメリカン・リーグ最優秀選手賞を既に確定させたと確信している」とのことで、監督による「他の選手たちは、(MPV投票で)2位、3位、4位だと思う」とのコメントを伝えた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ