人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年9月14日

【横浜好き】育成から登録された宮國椋丞で始まり、田中健二朗で締めくくった1週間「週刊ベイスターズいいとこどり」9月7日~12日号

野球好きコラム by 大久保泰伸
  • Line

横浜DeNAベイスターズ

優勝争いを繰り広げている上位3チームと対戦した9月の第2週。移籍、育成契約を乗り越えてのリベンジ勝利あり、手術からの復活劇ありと、何かと話題の多かった1週間、今回も「いいとこ」を探していきましょう。

J SPORTS オンデマンド番組情報

ハマスタでの巨人との3連戦は、初戦から興味深いマッチアップが実現。今季育成契約で入団し、8月末に支配下復帰を果たした宮國椋丞が古巣の大エース・菅野智之と対決した。

宮國は初回に2点を失ったが、2回に桑原将志のダイビングキャッチで救われると、以後は粘りの投球で無失点。5回のピンチを凌ぎ、勝利投手の権利を得られるイニングを投げ切ると、その裏に打線が爆発した。

3回に追撃の一打も放った宮崎敏郎のタイムリー二塁打で同点に追いつくと、ソトがレフト線への2点打で逆転。さらに山本祐大のスクイズで三塁走者の牧秀悟が絶妙なヘッドスライディングで生還した後、宮國の代打で登場した楠本泰史が3ラン本塁打を放ち、この回一挙7点のビッグイニングで宮國の移籍後初勝利を決定付けた。

柴田竜拓と佐野恵太もマルチ安打を記録し、9安打で8得点と効率のいい攻撃を見せた。投手陣は宮國の後の受けたシャッケルフォードが2イニング、櫻井周斗、伊勢大夢が1イニングずつを無失点リレーで快勝となった。

第2戦は先発した大貫晋一が6回1失点の好投で自身とこのカード、揃って5連勝を決めた。7回からはエスコバー、山崎康晃、三嶋一輝の必勝パターンの3人がほぼ完璧な投球でリードを守った。

打撃陣は宮崎が先制打と内野ゴロの間の2打点でお立ち台に。牧もタイムリーを放ち、柴田は連日のマルチ安打を記録した。1安打1四球のオースティンは打点がなかったが、4回の守備では本塁へのレーザービーム送球で大貫を救った。

3タテを狙った第3戦は、抑えの三嶋が3点リードを守れず引き分けに終わった。先発した坂本裕哉が5回を投げて自責点ゼロ、2失点で勝ち投手の権利を得たが、8月19日以来となる白星はならなかった。6回はシャッケルフォードが作った満塁のピンチを砂田毅樹が併殺でピンチを凌ぐと、7回エスコバー、8回山崎の必勝パターンに持ち込んだが、最後の三嶋が誤算だった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ