人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年9月11日

【中日好き】三ツ俣大樹、生き残る道

野球好きコラム by 森 貴俊
  • Line

取材に応じる三ツ俣

後半戦が始まったプロ野球。キャリアハイの数字を残す三ツ俣大樹にとっては勝負の夏だった。しかし、後半開始早々、東京ドームでアクシデント発生。打撃の際に左足首を故障し、翌日二軍降格となった。

ボールを打ちに行った際、ついた左足のスパイクの歯が土に引っかかった。強引に一塁に走り出した時、左足首を捻挫した。

「走り出した瞬間にヤバいって思いました。すぐに交代し病院に向かいました。その場で明日から2軍と言われましたね。自分でも、なにやってんだろ…って。僕は痛みには強い方だと思っていましたが、今回の故障はさすがに厳しい。無理にやってもチームに迷惑をかけるだろうなと思いました。痛みで守備ができなかったんで」。

患部は腫れた。故障が癒えるのを三ツ俣はもどかしく待つしかなかった。

J SPORTS 放送情報

「そりゃあ常に焦りはありますよ。今年ダメならクビと思ってやっていますから」。

今年の開幕前から三ツ俣は死にもの狂いでやってきた。この数年三ツ俣は年明けの自主トレを広島の菊池涼介と行っている。親身になってくれる菊池の言葉で三ツ俣は自分の生き残る道を決めた。

「菊池さんから、ドラゴンズはしっかり右打ちする。右に転がす。バントを決める。そんな右バッターは少ないでしょ。と言われました。確かにそうです。左打者は多いんですが、うちには小技をきっちり決める右打者は少ない。ここだと思いました」と話す。

きっかけは広島から打撃投手として戻った元中日、久本祐一さんの誘いだった。三ツ俣は思い切って菊池に電話をした。

「自主トレ参加させてください!」菊池からは二つ返事でOKが出た。

J SPORTS オンデマンド番組情報

菊池の華麗な守備、そして意外性のある長打力。三ツ俣は菊池の“映えるプレー”に惹かれていた。しかし、時間を共にすると同時に現実を知った。菊池涼介の美しいプレーは、計算と経験と地道な努力によって支えられていたのだ。

三ツ俣は「菊池さんは、簡単に捕っているように見えて実はバッテリーの配球、グラウンドの状態、点差や打者の傾向。すごく考えて守備をしていたんです。練習を一緒にしていても、すごく細かいし地道にやります。能力だけではない、経験や努力はすごいものがあります」と話す。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ