人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年8月12日

【横浜好き】アピールできた選手も多かったエキシビジョンマッチ「週刊ベイスターズいいとこどり」8月2日~9日号

野球好きコラム by 大久保泰伸
  • Line

横浜DeNAベイスターズ

侍ジャパンが東京五輪で悲願の金メダルを獲得。なんだかんだで盛り上がったオリンピックが終わり、すぐに夏の甲子園大会が開幕。プロ野球も連日、エキシビジョンマッチで後半戦に向けて調整する選手、アピールする選手が見られました。8月2日~9日までの『週刊ベイスターズいいとこどり』、今回もいきましょう。

まずは前回同様に、東京五輪でのベイスターズ選手の動向から。ベイスターズで今回唯一の侍戦士、山崎康晃は準々決勝のアメリカ戦に5番手として登板。同点の8回を内野ゴロ3つの三者凡退に打ち取り、チームのサヨナラ勝ちにつなげた。準決勝、決勝では出番がなかったが、金メダリストとして名を残した。

日本に決勝で敗れて銀メダルとなったアメリカ代表のオースティンは、準々決勝の日本戦で田中将大から二塁打を放つなど2安打。敗者復活戦のドミニカ共和国戦ではダメ押し点となるソロ本塁打、準決勝の韓国戦でも2安打2打点と活躍した。

決勝の日本戦は1安打に終わったが、チームトップの打率.417、2本塁打、7打点。閉会式では日本代表選手と健闘を称え合う姿がSNSで話題になった。

J SPORTS オンデマンド番組情報

エキシビジョンマッチは北海道・函館に遠征して日本ハムとの3連戦。初戦は複数安打の選手はいなかったが、スタメン出場した細川成也と捕手の山本祐大が安打でアピール。代走から出場した森敬斗もヒットを放った。唯一の打点を記録した牧秀悟は満塁の場面で犠牲フライと最低限の仕事を果たした。

投手陣は、後半戦ローテ入りを狙うロメロが先発して5回3失点。被安打9、4四球と不安定な内容でローテ確定、とはいかない内容だった。リリーフ陣では伊勢大夢が1イニングを無失点に抑えた。

9安打で1得点と効率の悪い攻撃だった第2戦は、2番・ショートでスタメン出場した森と途中出場の関根大気が2安打と、後半戦で定位置どりを狙う選手が躍動。同じく途中出場の楠本泰史/、山本も安打を放った。

投手陣は先発した阪口皓亮が5回まで無失点と好投したが、100球を超えた6回に打たれて3失点、イニングの途中降板と不本意な結果となった。リリーフ陣ではエスコバー、三嶋一輝が1イニングずつ投げたが、エスコバーの三者凡退に対して、三嶋は被安打3で1失点と対照的な内容だった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ