人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年7月24日

菊池雄星、復調の12奪三振はキャリアハイ

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

復調した菊池雄星

マリナーズの菊池は現地7月23日(日本時間24日)、本拠地のTモバイルパークでのアスレチックス戦に先発登板。

6回を投げて6安打3失点と、ここ2試合の低調なパフォーマンスを吹き飛ばす好投で、今季12度目のクオリティスタートを達成した。菊池に勝敗こそつかなかったものの、試合はマリナーズが4-3で勝利し、自身はMLBキャリアハイの12奪三振を記録した。

J SPORTS 放送情報

  • MLB中継2021

    日本人選手先発試合を中心に生中継!

『MLB.com』は同日付で「キクチが流れを作った大きな勝利」と題した記事を掲載し、通訳を介した菊池の「良い投球ができて、とても満足している」とのコメントを交え、同地区のライバルに対する大きな意味を持つ勝利を伝えた。

一方、地元紙『シアトルタイムズ』は、同日付で電子版に掲載した試合の速報記事の中で左腕の好投について、「勝利とほぼ同じくらい重要だったのは、キクチが支配的な投球を再び取り戻したことだった」と、後半戦へ向けた菊池の復調の大きさを強調した。

また、記事では菊池によるキャリアハイの12奪三振について、「マリナーズで左腕が1試合に12奪三振以上を記録したのは球団史上4人目」と伝えており、これまで同球団では、今回の菊池の他、左腕ではジェームズ・パクストン(1回)、マーク・ラングストン(9回)、そしてランディ・ジョンソン(48回)が1試合12奪三振以上を記録しているとのこと。

試合後、スコット・サービス監督は菊池のパフォーマンスについて、「あれが、前半戦で何度も見てきた彼の見慣れた姿だった。今夜の彼はその投球を見せてくれた。彼の投球は素晴らしかった」と述べている。

記事では左腕の復調の要因について、「彼の速球は最速97マイルに達し、平均して93~95マイルほどだったが、キクチは直近2試合でこの球速を失っていた」とした。

その上で、「彼はそれに加え、かつてマリナーズでプレーしたヒサシ・イワクマから習得した、スプリットフィンガーの握りで投げるチェンジアップでタイミングを狂わせた」と伝えている。

J SPORTS編集部

J SPORTS 編集部

 

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ