人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年3月29日

【中日好き】木下雄介、不死鳥魂

野球好きコラム by 森 貴俊
  • Line

開幕を3日後に控えたバンテリンドーム。チーム練習を見つめる与田監督からネット越しに話しかけられた。

「久しぶりだな。元気か?」

開幕に向けたチームの話か、監督自身の話か、もしくは世間話か。マスクをしたまま想像しながら少し歩み寄った。足元に視線を落とす与田監督の口から出た言葉は「ショックでな…」だった。

3月21日バンテリンドーム日本ハム戦。オープン戦最後の試合で悲劇は起きた。開幕1軍を確実にしていた木下雄介が投球後、マウンド付近でしゃがみこんだ。右腕を押さえ苦痛に顔をゆがめた。素人が見てもただ事でないのは分かった。ストレッチャーで運び出され病院へ直行。右肩脱臼だった。

与田監督は続けた。「なんでなんだ。俺の肩ならいくらでも外してくれよ。なんで雄介なんだ…」。野球の神様に語りかけているようにも見えた。

「大けがを防いでやれなかった。申し訳ない。チームとして復帰に向けて全力でサポートしていきます」と話した。

J SPORTS 放送情報

投手にとって肩の脱臼は深刻な症状だ。復帰は簡単な話ではない。それは投手ならば聞かなくても分かっている。現実に打ちひしがれているであろうと安易に想像できる。

僕は木下雄介にかける言葉が見つからなかったが、恐る恐るスマホの文字を打った。脱臼からわずか4日後、木下雄介からは信じられない言葉が返ってきた。

慣れない左手で食事をする木下雄介(本人提供)

※木下雄介LINE原文まま
「メンタル全然大丈夫です!人間どん底に落ちた時にありえへんくらいのパワーを発揮すると思うんで。見ててください!」

正直驚いた。なぜ、そのメンタルになれるのか。それは木下雄介の野球人生が物語っている。

駒沢大学1年生の時、木下は肘を痛めた。大学を中退。続行は不可能と判断し野球を辞めた。空白の3年、木下はアルバイトの日々だった。その後、不動産会社に就職し、会社員の日々を過ごした。

たまに友人に呼ばれる草野球でボールを投げる程度。野球熱は冷めていた。木下自身もそう思っていたが同時にくすぶってもいたのだ。心の奥に閉じ込めていた思い。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ