人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2020年11月21日

最後の東京ドームとなる名門に、16年ぶりの出場。都市対抗野球 四国・中国・九州代表5チーム紹介

野球好きコラム by 大島 和人
  • Line

第91回都市対抗野球大会が、11月22日(日)に開幕する。今回は中国、四国、九州の各地区から出場する5チームを取り上げる。

◆三菱重工広島(広島市)

最後の都市対抗となる三菱重工広島

中国第1地区代表は3年ぶり17回目の代表となる三菱重工広島(広島市)だ。1979年には都市対抗優勝を果たしている名門が、今季限りで統合され、現チームの活動は休止となる。選手やスタッフにとっては、大切な節目の大会だ。

第1代表決定戦で完封勝利を挙げたベテラン右腕が鮫島優樹。コーチ兼任の32歳で、侍ジャパン社会人代表の経歴も持つ177センチ・83キロの右腕だ。140キロ台の速球に加えてフォークを巧みに操る技巧派で、勝負どころでは今も彼が頼りになる。

また中国2次予選は大卒4年目の左腕・本間大暉が好投を見せていた。過去の大会は速球が130キロ台だったものの、今はフォーム改造により最速148キロまで上がっているという。

如水館高校から入社して16年目の外野手・実政太一、32歳の内野手・松永弘樹、30歳の内野手・田中友博と長く社会人野球を支えてきた名手たちをこのチームで見られなくなることは残念だが、勇姿を目に焼き付けたい。

第91回 都市対抗野球大会

◆三菱自動車倉敷オーシャンズ(倉敷市)

16年ぶりに東京ドームに戻ってきた

中国第2代表は16年ぶり8回目の出場となる三菱自動車倉敷オーシャンズ(倉敷市)だ。前身は三菱自動車水島で、2003年のクラブ化を経て、2016年から再び企業登録されたチーム。クラブチーム時代には現ソフトバンクの森唯斗もプレーしていた。昨年の大会は1次予選敗退も喫したが、今季から復帰した首藤章太監督のもとで「下剋上」を果たしている。

今回の予選では帝京大学から入社した新人右腕・廣畑敦也が、6試合中3試合に登板して3完投。32イニングで防御率1.41という快投を見せている。最速151キロの本格派で、4四死球と制球も安定。プロ注目の有力選手として、東京ドームへ乗り込む。2番手の矢部佑歩は日立製作所、独立リーグを経て入社4年目を迎える29歳の右腕。彼も150キロ台の速球を持つ本格派だ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ