人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2020年9月29日

前田健太が念願の先発で因縁の相手に挑む。ワイルドカード展望:ツインズvs.アストロズ

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

新型コロナウイルス感染拡大で開幕が遅れたことにより60試合に短縮された2020年のMLBレギュラーシーズンが現地28日に終幕を迎え、ポストシーズン進出チームが出揃った。

前田健太、2016年以来のポストシーズン先発へ

日本人選手の所属する球団は、それぞれ地区優勝を果たした筒香嘉智の所属するレイズ(ア・リーグ第1シード)、前田健太の所属するツインズ(ア・リーグ第3シード)、そしてダルビッシュ有の所属するカブス(ナ・リーグ第3シード)。

それに加え、東地区2位となった田中将大のヤンキース(ア・リーグ第5シード)に、ワイルドカードで秋山翔吾のレッズ(ナ・リーグ第7シード)、そして山口俊のブルージェイズ(ア・リーグ第8シード)と、計6チームがポストシーズンへと駒を進めた。

今回は日本時間9月29日(火)深夜3:00に開幕するワイルドカードシリーズ、ツインズvs.アストロズの展望をお届けする。

メジャーリーグ中継2020 ポストシーズン ワイルドカードシリーズ

ツインズはアメリカン・リーグ中地区を制覇し、同リーグプレーオフの第3シードを確保。これにより、ワイルドカードシリーズは本拠地ターゲット・フィールドという地の利を得た。相手は西地区2位で第5シードのアストロズ。

アストロズは29勝31敗と、勝率5割を切る低調なレギュラーシーズンに終わったが、昨季のワールドシリーズ進出チームは決して侮れない存在である。

『MLB.com』は現地27日付で掲載した同カードのプレビュー記事にて、「アストロズは過去3シーズン連続してア・リーグチャンピオンシップシリーズに進出しているが、ツインズはロッコ・バルデリ監督が選手としてデビューした年の前年の2002年以降、ポストシーズンでそこまで勝ち上がっていない」と両軍のプレーオフにおける経験値の差について言及。

さらに「低調なレギュラーシーズンを送り、エースのジャスティン・バーランダーがいないからといって、プレーオフの試練に晒されてきたヒューストンを侮ってはいけない」としている。

同記事では、「スターティングラインナップのレギュラーメンバーのうち8人は、昨年のワールドシリーズで少なくとも1試合は先発出場している。ジョージ・スプリンガー、ホセ・アルトゥーベ、カルロス・コレラはポストシーズン50試合出場、そしてアレックス・ブレグマンとユリ・グリエルはポストシーズン44試合出場と、プレーオフの経験は桁外れに豊富」としている。。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ