人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年11月16日

【ハイライト動画あり】チャイニーズ・タイペイが勝利。3位決定戦はメキシコvs.アメリカに。WBSCプレミア12

野球好きコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

WBSCプレミア12のスーパーラウンドは最終日を迎え、東京ドームでのデーゲームで3位決定戦進出の可能性を残したオーストラリアと、既に5位以下が決定しているチャイニーズ・タイペイが対戦し、8回の攻防で勝ち越しに成功したチャイニーズ・タイペイが5-1で勝利した。

◆試合結果
オーストラリア|0 0 0 0 0 1 0 0 0|1
C・タイペイ |0 0 1 0 0 0 0 4 X|5

J SPORTS 番組情報

チャイニーズタイペイは先発の胡智為が初回に2番打者のアンドリュー・キャンベルから左中間を破る二塁打を浴び、いきなり得点圏に走者を背負うも、後続をきっちりと打ち取りここを無失点に切り抜けると、その後、5回まで無失点に抑える快投でゲームを作る。

一方、オーストラリア先発のドゥシャン・ルジックは、初回こそ三者凡退で終わらせるも、3回に無死1・3塁のピンチを招き降板となる。

ここでチャイニーズ・タイペイはオーストラリア2番手、スティーブン・ケントに対し、王威晨の適時打で先制に成功する。しかしその後、チャイニーズ・タイペイ打線は無死1・2塁の好機を得点に繋げられず、オーストラリアは最少失点でこの回のピンチを切り抜ける。

J SPORTS オンデマンド番組

すると6回、オーストラリアはチャイニーズ・タイペイ2番手の林凱威から、4番ローガン・ウェイドがソロ本塁打を放って試合を振り出しに戻す。

さらにオーストラリアはこの回、ダブルスチールを敢行するなど、二死2・3塁の好機を作るも、4番手・王躍霖の前にあと1本が出ず、試合は同点のまま終盤へ。

その後、試合が動いたのは8回。チャイニーズ・タイペイは一死1・3塁とすると、1番・王威晨の右前適時打で1点を勝ち越す。さらに、1・2塁から中堅・林ジェシュエンに左翼スタンドへ飛び込む3ラン本塁打が飛び出し、一気に5-1とリードを広げる。

これで優位に立ったチャイニーズ・タイペイは、9回のマウンドに上がったベテラン守護神の陳鴻文がオーストラリア打線を三者凡退に打ち取り、有終の美を飾った。

2019WBSC世界野球 プレミア12 スーパーラウンド

【ハイライト】チャイニーズ・タイペイvs.オーストラリア

J SPORTS編集部

J SPORTS 編集部

 

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ