人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年11月14日

【ハイライト動画あり】アメリカが敗れ、決勝進出の可能性がなくなる。WBSCプレミア12

野球好きコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

後半戦に差し掛かったWBSCプレミア12スーパーラウンドは各チームともに残り2試合となった。

14日は東京ドームでのデーゲームで、前日の日本戦で勝利して決勝進出へ望みをつないだアメリカと、スーパーラウンド未勝利のオーストラリアが対戦。

試合は予想外の投手戦をオーストラリアが2-1で競り勝ち、今大会日本での初勝利を手にした。

◆試合結果
豪州|2 0 0 0 0 0 0 0 0|2
米国|0 0 0 0 0 0 0 1 0|1

J SPORTS 番組情報

今大会チーム打率が2割を切るオーストラリアは初回、今大会2試合目の登板となったアメリカ先発タナー・ハウクの立ち上がりを捕える。

一死満塁とすると、5番のアーロン・ホワイトフィールドがカウントで追い込まれながらもセンター前へ弾き返し、2点を先制する。

一方、オーストラリア先発のティモシー・アサートンは今大会チーム打率トップのアメリカに対し、上々の立ち上がりを見せ、初回を三者凡退に終わらせる。

その後はハウクとアサートンが揃って堂々たる投球を披露し、スコアボードには「0」が並ぶなか、投手戦となった試合はテンポを速めながら後半へ。

J SPORTS オンデマンド番組

結局、2回以降パーフェクトピッチングを展開したハウクは5回72球を投げ、2安打2失点5奪三振という内容でお役御免となり、アメリカは6回から2番手ダニエル・ティロをマウンドへ送り出す。

これに対し、アサートンは5回1/3を投げ、1安打無失点4奪三振で降板となり、オーストラリアはピーター・モイランへと継投すると、7回はライアン・セアーレがマウンドに上がり、無失点イニングを継続させる。

アメリカは8回に、イニングまたぎでマウンドに上がったセアーレから、1番左翼のマーク・ペイトンが右翼スタンドへソロ本塁打を放って1点を返す。

アメリカは9回表にリリーフしたワイアット・ミルズが一死から3連打で満塁のピンチを招くも、代わってマウンドに上がったブランドン・ディクソンが2者連続三振に打ち取り、最終回の攻撃に望みをつなぐ。

スーパーラウンド初勝利を目指すオーストラリアは、最終回もセアーレをマウンドに送り出すと、一死1塁となったところで、左腕のジョン・ケネディへと継投。

するとケネディが打者2人を抑えて試合を締め括り、強力打線を要するアメリカから金星をもぎ取った。

2019WBSC世界野球 プレミア12 スーパーラウンド

【ハイライト】アメリカ vs. オーストラリア

J SPORTS編集部

J SPORTS 編集部

 

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ