人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年11月11日

【ハイライト動画あり】スーパーラウンドが日本でスタート、開幕戦はメキシコが勝利。WBSCプレミア12

野球好きコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

日本に戦いの舞台を移したWBSCプレミア12はスーパーラウンドが開幕し、ZOZOマリンスタジアムで行われた初戦でメキシコと チャイニーズ・タイペイが対戦。

オープニングラウンドを全勝で通過したメキシコが両チーム合わせて僅か6安打という投手戦を制し、日本での初戦を白星で飾った。

◆試合結果
Cタイペイ|0 0 0 0 0 0 0 0 0|0
メキシコ |0 0 0 0 1 1 0 0 X|2

J SPORTS 番組情報

雨上がりのプレーボールとなった一戦は、両チームの先発投手が上々の立ち上がりを見せ、メキシコ先発のアルトゥーロ・レジェスが初回を打者3人で終える。

すると、 チャイニーズ・タイペイ先発の江少慶もメキシコ打線を三者連続三振に打ち取る。完全に投手戦の様相を呈した序盤は、両投手が素晴らしいピッチングを続け、速いテンポで試合が進む。

試合が動いたのは5回。それまで江少慶に対し無安打に抑えられていたメキシコは、二死から捕手ロマン・ソリスが甘く入った速球を左翼スタンドへ運び先手を取る。

更にメキシコは6回、無死一三塁から二塁エステバン・キロスの犠飛で1点を追加。

J SPORTS オンデマンド番組

今大会は試合前半から早めの継投でゲームを作る傾向にあったメキシコは、 チャイニーズ・タイペイを無失点に抑えた先発レジェスを5回終了まで引っ張ると、6回以降は5人をマウンドに送る小刻みな継投で逃げ切りを図る。

結局、メキシコは最終回のマウンドに上がった右腕カルロス・ブスタマンテが三者凡退で無失点リレーを完遂し、大会初制覇へ向け好発進を切った。

2019WBSC世界野球 プレミア12 スーパーラウンド

【ハイライト】メキシコ vs. チャイニーズ・タイペイ

J SPORTS編集部

J SPORTS 編集部

 

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ