人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年9月19日

ダルビッシュ有、8者連続奪三振の球団記録で、2試合連続13奪三振

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

日本時間18日(現地17日)の本拠地レッズ戦で、7回6安打3失点14奪三振の好投を見せながら敗戦を喫したダルビッシュ有だったが、この試合で球団新記録となる8者連続奪三振を記録。

◆試合結果
CIN|3 0 0 0 1 0 0 0 0|4
CHC|1 0 1 0 0 0 0 0 0 |2

J SPORTS 番組情報

  • メジャーリーグ中継2019

    日本人選手先発試合を中心に放送!

  • 新番組がスタート!「MLBイッキ見!」

    「MLBイッキ見!」 メジャーリーグ情報を1週間分まとめてお届けする新番組がスタート。見逃したあの試合、日本人の活躍状況、注目の選手etc…1週間分のMLB情報をイッキに網羅できる!毎週金曜日 午後10時~ J SPORTS 1

『MLB.com』でカブスを担当するジョーダン・バスティアン記者は同日深夜に投稿した記事の中で、このダルビッシュの達成した記録に触れた。

記事では、ダルビッシュが今回も「支配的なパフォーマンスを見せた」とした上で、ポストシーズン進出へ向け、「彼が如何に重要であるかの一例である」と称賛した。以下、くだんの記事の抜粋である。

「今季のユウ・ダルビッシュによる好転の主な原因は、新たに見つけた快適度であると言われてきた。

昨年のカブスでの不穏なデビューシーズンを経て、同投手は遂にクラブハウスにて、チームメイト、コーチ陣、そして監督たちと快適に過ごせるようになった。彼はシカゴの街での生活、そして、ここでのメディア環境にも快適さを見出した。

その上で、さらに重要なことに、ダルビッシュは再びマウンド上で寛いでいる。彼はそれをまたしても支配的なパフォーマンスで証明し、火曜夜にリグレー・フィールドにて、1試合での球団新記録となる8者連続奪三振を記録したのである。

それはレッズに対する4-2の敗戦を免れるのに十分ではなかったが、それはカブスがポストシーズンを目指す上で、ダルビッシュが如何に重要であるかの一例とはなった」。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ