人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年6月14日

大谷翔平、サイクルヒットで「歴史を作った」と全米で報道

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

現地13日、敵地でのレイズ戦に3番指名打者で先発出場したエンジェルスの大谷翔平が、サイクルヒットの偉業を達成した。

この大谷の活躍について、ロサンゼルスの地元紙のみならず、全国紙までもが電子版で速報している。

全国紙『USAトゥデイ』は、同日付で電子版に掲載した記事の冒頭で、「ロサンゼルス・エンジェルスの指名打者ショウヘイ・オオタニが、木曜の夜に日本生まれの選手として、初めてサイクルヒットを打って歴史を作った」と報じた。

また、ニューヨークの地元紙『ニューヨークポスト』も、同様の記事を電子版に掲載。

サイクル達成の瞬間について、「7回に彼は右腕のハンター・ウッドに対し、カウント3-2から右中間に弾き返し、トロピカーナフィールドのファンからスタンディングオベーションを受けた」と詳細を伝えた。

一方、スポーツ専門誌の『スポーツ・イラストレイテッド』は試合後、電子版に大谷の記事を掲載し、次のように伝えている。

「投手オオタニが、以前と同じ調子を取り戻すかどうかについて語るのは早計だ。しかし、打者オオタニがかつてないほど好調であるのは明らか

エンジェルスの指名打者は、木曜の夜にタンパでその好調振りを遺憾無く発揮。停電により長時間の中断があったトロピカーナフィールドで、ロサンゼルスがレイズに、5-3で勝利した試合で鍵となるサイクルヒットを打ったのである。

これにより、オオタニは日本生まれの選手として初めてこの偉業を達成するとともに、今季メジャーでこの芸当をやってのけた2人目の選手となった」。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧