人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 ニュース 2019年6月12日

城西国際大学が快勝でベスト8最後の切符を掴む。全日本大学野球選手権

野球好きコラム by 大島 和人
  • Line

10日(月)に開幕した第68回全日本大学野球選手権大会。12日(水)は東京ドーム、神宮球場で2回戦の計7試合が行われた。

2回戦のトリを飾ったのが神宮球場の第4試合で、福岡大学と城西国際大学の対戦だった。福岡大は星槎道都大学を下しての勝ち上がり。対する城西国際は1回戦がシードでこれが初戦だった。

城西国際は初回から福岡大投手陣に猛打を浴びせる。1回表、城西国際は1番・岸添有哉(生浜)が先頭打者本塁打。

2番・高橋哉貴(花咲徳栄)もライト前安打で続き、一死からさらに4番・花岡小次郎(八戸学院光)がセンター前安打。5番・村上公康(西条)は四球を選んで一死満塁のチャンスを作る。

ここで 福岡大は先発・藤松亮輔(西日本短大付)がボークを犯して、三塁走者が生還。さらに一死2・3塁から6番・梅田裕斗(長崎日大)もライト前タイムリー安打を放つ。城西国際は1回だけで6安打を浴びせ、4得点を挙げた。

城西国際は2回裏にも2番手投手・高田健吾(福岡大大濠)、3番手投手の上原幸真(鹿児島城西)を攻略。5番・村上のタイムリー三塁打など3得点を挙げ、リードを7点に拡げる。城西国際は3回裏にも1点を追加し、スコアは8-0。

守っては先発の4年生右腕・中島隼也(仙台育英)が好投を続ける。中島は130キロ台ながら「数字以上」の威力があった速球と、チェンジアップ、スライダーなどの鋭い縦変化で10奪三振を挙げた。

福岡大は1番・宮田輝星(出水中央)が5打数4安打と孤軍奮闘。6回、7回に1点ずつを挙げてコールド圏内の「7回以降7点差」からは逃れたが、序盤の大量失点が響いた。

エース中島が2失点完投勝利。城西国際が8-2と快勝し、昨年の国際武道大に続く、千葉からのベスト8入りを決めた。

全日本大学野球選手権ハイライト

2回戦 福岡大学vs.城西国際大学 ハイライト【全日本大学野球選手権2019】

◆試合結果
福岡大学|0 0 0 0 0 1 1 0 0|2
城西国際|4 3 1 0 0 0 0 0 X|8

城西国際:○中島―梅田
福岡:●藤松、高田、上原、中西―田川

文:大島和人

大島 和人

大島 和人

1976年神奈川県で出生。育ちは埼玉で現在は東京都町田市に居住。早稲田大学在学中にテレビ局のリサーチャーとしてスポーツ報道の現場に足を踏み入れた。卒業後は損害保険会社などの勤務を経て、2010年からライター活動を開始。現在はサッカーやバスケ、アマチュア野球など多彩なボールゲームの現場に足を運んでいる。Twitter(@augustoparty

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧