人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 ニュース 2019年6月11日

1回戦屈指の好カード、東海大学が立命館大学に逆転勝ち。全日本大学野球選手権

野球好きコラム by 大島 和人
  • Line

10日(月)に開幕した第68回全日本大学野球選手権大会。1回戦屈指の好カードが、11日(火)に東京ドームの第2試合で組まれていた、立命館大学と東海大学の激突だった。

立命館の先発は、春のリーグ戦で5勝を挙げた4年生左腕・坂本裕哉。東海の先発は速球派の3年生右腕・山崎伊織だった。

好投手同士の投げ合いということもあり,中盤まで得点が入らない。坂本はよく制球された速球、スライダー、チェンジアップでコースを突く。一方の山崎は最速153キロの速球で押し、それぞれが持ち味を出していた。

試合が動いたのは6回裏二死から。東海は1番・千野啓二郎が三塁前に転がす絶妙のセーフティバントで出塁し、2番・串畑勇誠がセンター前安打で続く。3番・杉崎成輝が左中間を破るタイムリー三塁打を放ち、2点を先制した。

しかし7回表、立命館は一死1・3塁から8番・池上颯が左中間を破るタイムリー二塁打を放ち、1点差に追い上げる。東海大のマウンドにはクローザーの小郷賢人が上がった。

すると直後に捕手の牽制悪送球が出て、2-2の同点に。さらに立命館は代打・山崎翔也の犠飛で3-2と勝ち越す。

それでも8回裏、東海はこの回から登板した二番手の右腕・有村大誠を攻略。一死満塁のチャンスを作ると、自らのエラーで失点を許した4番・海野隆司が名誉挽回の2点タイムリーを放ち、4-3と再びリードを奪う。

東海は2番手の小郷も最速152キロの速球とフォーク、スライダーで後続を断つ。小郷が2回3分の1を被安打、四死球ともにゼロ、さらに4奪三振と好内容で試合を締めた。

全日本大学野球選手権ハイライト

1回戦 東海大学 vs. 立命館大学 ハイライト【全日本大学野球選手権2019】

◆試合結果
立命館|0 0 0 0 0 0 3 0 0|3
東海大|0 0 0 0 0 2 0 2 X|4

◆バッテリー

・東海大:山崎、○小郷―海野
・立命館:坂本、●有村―大本

文:大島和人

大島 和人

大島 和人

1976年神奈川県で出生。育ちは埼玉で現在は東京都町田市に居住。早稲田大学在学中にテレビ局のリサーチャーとしてスポーツ報道の現場に足を踏み入れた。卒業後は損害保険会社などの勤務を経て、2010年からライター活動を開始。現在はサッカーやバスケ、アマチュア野球など多彩なボールゲームの現場に足を運んでいる。Twitter(@augustoparty

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧