人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年4月26日

【中日好き】阿部寿樹、4年目の開花

野球好きコラム by 森 貴俊
  • Line
野球好きコラム 中日好き

塁上で笑う阿部寿樹の笑顔に、今ドラゴンズファンは癒されている。口元には髭を蓄えているが、下がる目じりからは阿部の優しさが溢れる。

2019年、開幕1軍を手にした。それだけではない。開幕戦のセカンドスタメンには阿部寿樹の名前が書かれた。もちろん奇策ではない。

与田監督は常に、「いい準備ができている選手を使う」と言っている。キャンプからオープン戦、阿部はしっかり結果を残し、いい準備をアピールしていた。

ここまで開幕から出場13試合、打率.366、2本塁打、11打点(4月25日現在)を残している。まさに覚醒と言っていい活躍だ。

入団4年目、阿部のここまで主戦場は2軍だった。ここ数年は1軍に来るもまた2軍への日々。入団して2年は、毎回「プロのスピードへの対応」を口にしていた。

しかし、去年から考えが変わった。今年のテーマはシンプルに「しっかり振る。振り抜く事」と話す。

入団から数年は、プロの投手の直球、変化球にいかに対応するかばかりを考えていた。対応ばかりを考えた結果、打撃は小さくなり阿部の持ち味は消えていた。

2年前、小笠原2軍監督は阿部に伝えた。「お前のストライクゾーンはボール1個分だけだ」。阿部はこの言葉を説明した。

「結局、自分のスイングで振り抜くゾーンはボール1個分しかないって事です。あとは対応して小さなスイングばかり。だからフリー打撃ではどのコースのボールでも全部スタンドに放り込むつもりで振れと言われましたね」。

フリー打撃をみても、日本人ではトップクラスの飛距離を持っている。自分の持ち味を発揮する為にはどうすればいいか。考え方を変えた。言うなれば、短所を克服するのでなく長所を伸ばす。

阿部は「自分の持ち味を活かすには、やっぱり振らないといけません。フルスイングするために何をするべきか。振れる体制を作らないといけない」。

「フルスイングできる体、フォーム、そして打席の中での考え方。バットを振る為の形を追い求めてやってきました」と話す。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧