人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年4月22日

【楽天好き】島内宏明、「嫌々」やっている4番でブレイク中

野球好きコラム by 松山 ようこ
  • Line
野球好きコラム 楽天好き

「カッコよすぎでしょう」「4番らしい仕事」「仕留めるべき球を、一発で仕留めた」。

4月20日のオリックス戦でのこと。この日、J SPORTSで解説を務めた牧田明久氏と実況の中田浩光氏が、口々にこう褒め称えた。

楽天の4番・島内宏明が放った今季1号アーチである。よほど嬉しかったのだろう。ダイヤモンドを走る島内はニコニコの笑顔だ。

3番・浅村栄斗を塁に置いての2ランホームラン。「浅村の後ろは大切」と平石監督が意図する期待に満点で応えた“復活劇”だった。

この4日前の西武戦で、島内は顎と鎖骨あたりに死球を受け、担架で運ばれた。公式発表による診断結果は「右頸部打撲」。にわかに球場を騒然とさせた退場劇となったが、こうして戻ってきた。

しかも、周囲の不安を払拭してあまりある活躍ぶり。この一発で楽天はリードを広げると、その後も粘って5-3で勝利。記念すべき球団通算900勝を飾った。

不安視されていたのは、ケガの影響。解説の牧田氏も、「頭部への死球のあとは恐怖心がある」と自身の経験を明かしていたが、島内は相手バッテリーの執拗なインコース攻めにも動じない。

そうして、この日もしっかりと4球を見極めると、待望の今季初アーチを放ったのだった。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧