人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年3月2日

【オリックス好き】シーズンを占う、5つの「ポジション争い」

野球好きコラム by 藤原 彬
  • Line

「しっかりと勝負をさせて勝った選手は気持ちも強くなる」とは、西村徳文監督の弁。

春季キャンプでは、投打の軸となるべき主力選手がしっかりと仕上がり順調を示し、奮起を促した若手も必死にアピールして、指揮官の表情が思わず綻んだ。

シーズン開幕戦でベンチ入りしそうなメンバーは徐々に固まってきたが、5日から始まるオープン戦でも働き場所を巡る「競争」と試行錯誤は続く。

西村監督が本番を想定して「ある程度のメンバーを組んで戦わなければならない」と考えるのは「最後の6試合」から。ここでは、注目すべき5つのポジション争いを押さえておこう。

山本由伸

◆先発5・6番手:潜在能力を秘めた投手陣

現段階で先発ローテーションを予想すると、山岡泰輔が開幕投手候補で、対外試合初登板に155キロを計時した山本由伸も当確と考えられる。昨季の実績から、アルバースには首脳陣もある程度の計算を立てているはずだ。

外国人枠を当初は投手2、野手2で運用しそうな事情を考えると、ディクソンとエップラーのいずれかが先発陣に名を連ねそう。

残る2枠を新加入の竹安大知や先発を試されている小林慶祐、若手のK-鈴木、榊原翼らで争うことになりそうだ。ここに、万全の状態で田嶋大樹が復帰すればグレードアップも見込める。

全体では、昨季に記録した先発防御率3.78(リーグベスト)ほどの潜在能力を秘めていると考えてもいいだろう。

◆セットアッパー:層の厚いブルペン

層の厚いブルペンは、小林と黒木優太(春季キャンプ3日目に右ヒジ靭帯炎症)を先発でテストできるほど層が厚い。今季も以下の4投手に、ある程度は安心してリードした展開で7、8回を託せそうだ。

・吉田一将(58試合/防御率3.38/奪三振率8.47/与四球率2.88)
・近藤大亮(52試合/防御率3.33/奪三振率8.67/与四球率4.50)
・澤田圭佑(47試合/防御率2.54/奪三振率8.15/与四球率1.99)
・比嘉幹貴(43試合/防御率2.03/奪三振率5.60/与四球率1.78)
※( )内は昨季の投球成績

実力は甲乙つけ難く、誰かが調子を崩しても替えが利くのは強みで、先発ローテーションの当落線上にも短いイニングで力を発揮できそうな球威自慢の投手がいる。

春季キャンプの始めから一軍に残り続けている新人の荒西祐大も、加われるか注目したい。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧