人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年1月24日

ハラディの殿堂入りを祝福したい、しかし同情票の影響は否定できない

MLB nation by 豊浦 彰太郎
  • Line

しかし、初回選出となるほどのものだろうか。今回同じく選出されたマイク・ムッシーナ(270勝&WAR83.0)が6年目でようやく基準の75%を超えた(76.7%)という状況だからだ。それからすると、ハラディの初年度での85.4%とい得票率は「高すぎ」の印象は拭えない。

殿堂入りの歴史においては、死去が影響を与えたケースも見て取れる。1972年大晦日にニカラグア地震の被災者救援物資を積んでサンファン空港を飛び立った後にその飛行機が墜落しこの世を去ったロベルト・クレメンテは、特別措置で1973年に殿堂入りした。クレメンテのケースは例外と捉えるべきかもしれないが、2012年にベテランズ委員会(現時代委員会)経由で殿堂入りしたロン・サント(通算2254安打&342本塁打、主要タイトル獲得なし)の場合は、選出の1年前に死亡したことがトリガーとなったと言われている。

1月22日、ロイ・ハラディの遺族、友人、同僚、関係者、そしてわれわれファンは彼の栄誉に歓喜しそれを祝福するとともに、改めて彼がもういない哀しみにくれた。しかし、そのこととは別に純粋にハラディの遺した業績を評価するなら、「殿堂入りに値する、ただし初年度にここまで高い得票率を獲得するほどのものではない」とするべきだろう。

代替画像

豊浦 彰太郎

1963年福岡県生まれ。会社員兼MLBライター。物心ついたときからの野球ファンで、初めて生で観戦したのは小学校1年生の時。巨人対西鉄のオープン戦で憧れの王貞治さんのホームランを観てゲーム終了後にサインを貰うという幸運を手にし、生涯の野球への愛を摺りこまれた。1971年のオリオールズ来日以来のメジャーリーグファンでもあり、2003年から6年間は、スカパー!MLBライブでコメンテーターも務めた。MLB専門誌の「SLUGGER」に寄稿中。有料メルマガ『Smoke’m Inside(内角球でケムに巻いてやれ!)』も配信中。Facebook:[email protected]

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ