人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年1月20日

【中日好き】平田良介、さらなる進化を求めて

野球好きコラム by 森 貴俊
  • Line

年明け5日から、ドラゴンズ平田良介は愛知県内で自主トレを開始した。18日間、休養日は1日だけ。専属の鍋島トレーナーとマンツーマンでトレーニングに励んでいる。

2018シーズンは多くのキャリアハイの数字を残した。平田本人も「平田良介という選手のベースができたと思う」と振り返っている。

では今シーズン、そのベースの上に何を積み上げていくのか。平田はOPSを重要視する打者だ。2018シーズン、OPSセリーグでは13位。

「長打率が4割台ではだめですね。今年はなんとか5割台を残したいです」。

OPSとは出塁率と長打率を足した数字。昨シーズンのトップは巨人に移籍した丸佳浩、そこから鈴木誠也、山田哲人、ソト、筒香嘉智、ビシエド、坂本勇人と続いていく。

何か一つの数字が飛び抜けてもOPS上位に名を連ねるのは難しい。名実ともに好打者が並んでいる。

昨シーズン平田の長打率は.456、トップの丸は.627と大きく開いている。さらにOPSトップ15の中で、本塁打が1桁(9本)なのは平田だけだ。

「僕はホームラン打者ではない」と話すが、単打を2塁打へ、2塁打を3塁打へ変えることができればと平田は考えている。

そのために何を強化していくのか。平田は明確に答えた。「股関節の使い方です。去年、打率は残せましたが、まだため込んだ力をうまく使えていない。股関節の部分で力が逃げているんです」。

「ここを改善できればもっと打球に力が伝わる。そのため、今回の自主トレの大きなテーマは股関節です」と話した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧