人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2018年12月21日

【中日好き】三ツ間卓也、弱点から自分を知る

野球好きコラム by 森 貴俊
  • Line
野球好きコラム 中日好き

12月中旬、トレーニングルームから汗を流し、ドラゴンズ三ツ間卓也が出てきた。片手にタオル、片手にノートを持っていた。何が書かれているのか気になって見せて頂いた。

手書きでびっしり、記号が並んでいる。そして大きく“徳島インディゴ コンディショニングハウス”と書かれていた。

三ツ間は「簡単に言えば、ここには球速アップの為にトレーニングを行う場所です。ここで学んだトレーニング方法が書かれています。1週間メニューを組んでこのオフ取り組んでいます」と話す。

「NC×10 2T1×10」。記号化してあるが、一つ一つに意味があり内容が違う。徳島で身体の全てを計測し、三ツ間は改めて自分の弱点を発見した。

「両足でジャンプをしたら、平均以上の高さまで飛べる。でも片足で跳ぶと平均を下回る。筋力でなく片足から体への力の伝え方ができていない」。

「ピッチングは片足から片足。両足を同時には使わないですよね。持っている力をボールに伝えられていないんです」と解説してくれた。

今シーズン、1軍登板はわずか4試合に終わった。しかし、2軍戦では34試合、防御率2.43を残した。シーズン後、小笠原2軍投手コーチに思いの丈を吐き出した。

「結果は出ていると思っていたのに、1軍に呼ばれるのは僕以外の投手ばかり。やるせない気持ちでいた事をコーチに言いました。なぜ、自分じゃないのか。理由を知りたかったんです」

そこで三ツ間は自分の持ち味を改めて気づかされた。

「小笠原コーチからは、結果抑えてはいたが、お前の本来の持ち味は何だ?と言われました。強いボールで相手の胸元を思い切って突いていく強気の投球じゃないのかと」。

「低めに丁寧に集めて打たせてとるピッチングに見えたと言われました。言われてみれば、結果ばかりを欲しがっていた。数字の見栄えばかり気にして自分の投球をあまり考えていなかったですね」と話す。

少しは躊躇しそうな言葉も、三ツ間はシーズン後、監督やコーチにぶつけた。

「嫌われるかもしれないし、面倒くさい奴って思われるかもしれない。でも来年、ユニフォーム来ていられるか分からない立場ですから。秋からアピールしないと。他の選手からいやらしいって思われてもいい。綺麗事だけでプロ野球は続けられないです」。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧