人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

スキー コラム 2021年3月31日

最終戦キャンセルでマット・グラハムが総合優勝 優勝候補と目された堀島行真は無念の4位

ブラボー!!モーグル by Bravoski(ブラボースキー)
  • Line

最終戦のキャンセルで総合優勝の夢が途絶えた堀島。来シーズンはお互いがフルスペックな状態でキングスベリーとの頂上対決となるだろう

異例の事態が続いた'21シーズンもフィニッシュ。ここでは、男子のモーグルW杯シーンを総括しよう。
まずは、世界選手権の余韻が残る3月14日(現地時間)に、同じカザフスタンのアルマティで開催が予定されていたW杯最終戦について触れておこう。

ペリーヌ・ラフォン(FRA)が独走の女子と異なり、ポイント200点台に5選手が拮抗していた男子は、総合優勝争いの行方がこのレースの結果にかかっていた。第5戦の時点で総合4位だった堀島行真にも数字の上では逆転優勝のチャンスが残されていたのだ。なお、日本男子勢は世界選手権と同じメンバー、つまり堀島のほかに、杉本幸祐、藤木豪心、小山貴史の4名がエントリーしていた。

ところが、予選の途中でコースを濃霧が覆い、中断時間を経てもそれが晴れなかったためにレース不成立のキャンセルとなってしまったのだ。そのため、第5戦までのランキングが今季の総合順位となった。平昌五輪の銀メダリストで、長い間、2番手、3番手のポジションが定位置だったマット・グラハム(AUS)が嬉しい初総合優勝を掴んだ。

グラハムは、第3戦DMでルドヴィク・フィヤルストロム(SWE)とともに同率1位になったほか(悪天候による)、2位1回、3位1回など安定して上位に入り続けた。総合2位のベンジャミン・カベットは優勝、2位、3位をそれぞれ1回ずつ記録したものの、予選落ちがあったことがグラハムとの差となった。3位のフィヤルストロムは27歳の選手で、遅咲きの花を咲かせた印象だ。5戦中3戦が北欧開催のスケジュールがコンディション作りの面で有利に働いたのかもしれない。

●'21季ワールドカップ男子総合順位
1 マット・グラハム(AUS)289
2 ベンジャミン・カベット(FRA)271
3 ルドヴィク・フィヤルストロム(SWE)258
4 堀島行真(JPN)246
5 ブロディ・サマーズ(AUS)210
6 ミカエル・キングスベリー 200
7 マルコ・タデ(SUI)179
8 ブラッドレイ・ウィルソン(USA)165
9 ニック・ペイジ(USA)134
10 ディラン・ウォルチック(USA)119

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
スキーを応援しよう!

スキーの放送・配信ページへ