人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

スキー コラム 2021年3月23日

無双状態のラフォンが4連覇&世界選手権MO優勝 川村あんりがデビュー2シーズン目で総合2位の快挙

ブラボー!!モーグル by Bravoski(ブラボースキー)
  • Line

W杯4連覇、世界選手権MO優勝に続くラフォンの次の目標は、女子では誰も成し遂げていない五輪2連覇だろう

ここでは、’21モーグルW杯の女子について総括しよう。男子編でも触れたが、3月14日(現地時間)にアルマティ(カザフスタン)で開催が予定されていたW杯最終戦は、レース途中で濃霧によりキャンセルに。世界選手権MOも制したペリーヌ・ラフォン(FRA)の総合優勝はすでに決まっていたが、これに伴い、2位以下も最終戦開催直前の総合順位がそのまま年間のランキングとなった。

●'21季ワールドカップ女子総合順位
1 ペリーヌ・ラフォン(FRA) 445
2 川村あんり(JPN)270
3 ハンナ・ソアー(USA)250
4 カイ・オーエンズ(USA)234
5 ジャエリン・カウフ(USA)233
6 テス・ジョンソン(USA)197
7 冨高日向子(JPN)155
8 ジャカラ・アンソニー(AUS)154
9 住吉輝紗良(JPN)154
10 ジャスティン・デュフォア ラポイン(CAN)154

転倒による脳震盪により、世界選手権DMをDNSとなった川村だが、最終戦にはエントリーしていた

ラフォンはこれで4連覇。そして、W杯デビュー2シーズン目の川村あんり(JPN)が総合2位という特筆すべき快挙を果たした。
 ここで、「川村がラフォンに肉薄!」「北京五輪の金メダルに期待!」と煽りたいところだが、現実はそんなに甘くない。上記表の得点に注目してほしい。ラフォンは男女唯一の400点台を記録し、川村とは175点も差をつけているのだ。総合7位となった冨高日向子(JPN)のシーズン総合得点が155点であることを考えると、175点という差の大きさを実感できる。ターン、エア、スピードと三拍子が揃い、5戦中優勝4回という圧倒的な安定性を誇るラフォンは、その年齢(22歳)を考えても、まだまだ衰えることはないだろう。

住吉がディアバレーで初表彰台を経験し自信をつける。川村だけじゃない!10代の選手が続々と表彰台に

さて、ここからは、シーズンの流れを追いながら女子モーグルのトピックをピックアップしていきたい。
まず、無観客、かつ選手や関係者がマスク着用というシチュエーションで初めて行われたルカ(フィンランド)での開幕戦から。ここでは、ラフォンが当たり前のように優勝するなか、3位に入ったのは自身2度目の表彰台となるアナスタシア・スミルノワ(RUS)だ。18歳の彼女はその後、今季の顔の一人となる。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
スキーを応援しよう!

スキーの放送・配信ページへ