人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

スキー コラム 2021年2月5日

難コンディションでも質の高いパフォーマンスを披露 「TOYO TIRES FREERIDE HAKUBA 2021」

ブラボー!!モーグル by Bravoski(ブラボースキー)
  • Line

見惚れるほどの美しい景色のなか選手たちがドロップインしていった。

ここ数年、よく耳にするようになった『Freeride World Tour(以下FWT)』は、1996年にスイス・ヴェルビエ近郊のバックカントリーで、自然のままの地形を滑り、そのテクニックやスタイルを競いあったのがはじまりだ。

フリーライドを切り口に 白馬の素晴らしさを世界へ発信

FWTの本拠地であるスイス・ヴェルビエ。

スタートとゴールが決められた斜面を、ライダーは初見で地形と雪質を見極め、安全かつアグレッシブに滑り降りる。「ラインの難易度」「コントロール」「滑走全体の流動性」「ジャンプ」「総合技術」といった5つの採点基準によって、スコアがつけられ、順位を競い合うコンペティションだ。

速ければいい、大きなジャンプをひとつでも決めればいいという単純なものではない。高速で滑り降りる確かな滑走技術、一瞬で地形や雪質を読み取る経験値、滑走技術の限界に近い滑走ラインを選び抜く判断力、セーフティをとりながらジャンプを織り交ぜたフリーライディング能力。そうした要素をフル活用して、滑り降りるプレイヤーたちの総合滑走技術が見ものだ。
ジャッジの詳しい内容についてはこちらを参照(https://freerideworldtour.jp/

FWTは世界5カ所のみで開催される。写真はオーストリアのフィーヴァーブルン。

年々、その規模は拡大し、2017年にはアジア初開催として長野県白馬村を舞台にFWTが行われた。FWTはレベルに応じて4つのカテゴリーに分かれており、現在では世界の頂点を決める世界ツアーからその下部シリーズおよびジュニアを含め年間150ものイベントが全世界で行われている。その参加人数はのべ3,000人を超えるほどだ。

2020年に開催されたFWT HAKUBA。世界的に有名なライダーも数多く参加した。

とくに世界でも5ヵ所という選ばれた会場に選出された白馬村には、これまで世界中からトップライダーが参加。世界中の愛好者に向けて、1月の白馬の雪質やコンディションを世界に知らしめる絶好の機会にもなっている。 2021年は世界的に流行する新型コロナウィルス感染症による渡航制限によって、例年白馬で行われていたFWTは開催中止を決断せざるを得なくなった。
そのため、世界大会のすぐ下となるカテゴリーのFreeride World Qualifier4*として「TOYO TIRES FREERIDE HAKUBA 2021」を開催するに至る。これによって、これまでスイスの本部が運営スタッフやジャッジといった手配や運営面を行っていたのを、今回はすべて日本在住者によるオールジャパンチームで行う初めての大会となったのだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
スキーを応援しよう!

スキーの放送・配信ページへ