人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

スキー コラム 2020年3月30日

『W杯中止の憂き目』

鳥人たちの賛歌 W杯スキージャンプ by 岩瀬 孝文
  • Line
いよいよW杯個人総合優勝争いが佳境に入った。
2月上旬に行われた札幌W杯でイエロービブを奪回して好調の波に乗ったクラフト(オーストリア)か、とみに安定を見せるガイガー(ドイツ)なのか、また連戦の疲労に包まれながら一気に逆転を狙うクバツキ(ポーランド)なのか、彼らによるしのぎの削り合いが続いた。
その中で小林陵侑(土屋ホーム)の連覇はポイント差からみて、ほぼなくなりかけたが、それでも彼はシーズン後半に手直しを加えながら抜群の集中力をみせていった。

そして、クラフトが勝利したバドミッテンドルフ(オーストリア)のフライングW杯を経て、3月のRAW AIR(ロウエア)が始まった。
RAW AIRは、ノルウェーの名門ジャンプ台オスロ・ホルメンコーレン、1994五輪開催地リレハンメル、北極海に面した港湾都市トロンハイムの個人戦ラージヒル3試合と、最後にオスロの南西部に位置する巨大なフライング台ビケルスンの団体戦と個人戦を加え、その予選を含むポイントで優勝が決まるものだ。
まだ歴史は浅いが、いまやシーズンファイナルを飾る一大ジャンプシリーズと成り得ている。

ここでは、普段から飛び慣れて風の加減すらわかる地元ノルウェー勢が上位をしめることが度々。今回も地元大観衆の声援を受けて髭のヨハンソン、フォルファン、新進気鋭のリンビクらがひとけた順位にどんどんと食い込んでいく。
初戦のホルメンコーレンでは多湿な霧と着地地点に溶けだした雪で水が浮いてキャンセルされ、その代替試合はリレハンメルとなった。
試合終了後には選手とスタッフが揃って夜行の特急電車で、北の果てトロンハイムへと移動していく。 ただ、ここで急転直下。
アジアからヨーロッパ全土に広がっていった大きな災いにより、トロンハイム予選後から試合当日にW杯中止の決定がなされた。それと同時にイタリアとの国境から5~6㎞の距離にあるプラニツァ(スロベニア)のフライング世界選手権も無観客試合の予定がそのまま中止となった。

「残念ですね。後半戦にかけてようやく調子が上がってきていたので、なんとか飛びたかったです。でも、こればかりはしょうがないのでしょうね」
ロウエアに入りW杯個人総合第3位に上昇した小林陵は、いくらか悔しさをにじませたものの、すぐ日本に帰国できることから、ほっとした表情を見せた。

連覇の偉業は達成できなかたものの、今季W杯個人総合3位。昨年総合優勝の実力がフロックでないことを示した小林陵侑。

例年のフライング大会プラニツァW杯では予選後に記者仲間達と張り切って国境を車で越え、イタリアのタルビジオ市へと美味なイタリアン飯を食べに行くのが楽しみであったが、まったくそれどころではなく混とんとした状況になった。

加えて国内では早々と3月中の試合がすべて中止となって、そのまま今シーズンを終えてしまったのだ。 札幌で伝統あふれる宮様大会で表彰台にのぼり、W杯復帰への足掛かりにしたかった葛西紀明(土屋ホーム)は、無念さとともに心の中にひとしきりやるせなさが残った。

札幌W杯での葛西紀明は静かにスタートへ上がっていった。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
スキーを応援しよう!

スキーの放送・配信ページへ