人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

スキー コラム 2020年2月7日

日本がめざす2トップ

鳥人たちの賛歌 W杯スキージャンプ by 岩瀬 孝文
  • Line
まだ雪が少なかった北海道札幌市に、W杯の最前線で活躍する有力選手がほとんどやってきた。 ドイツの一押しガイガー(ドイツ)、今季ジャンプ週間覇者のクバツキ(ポーランド)、低く鋭く伸びていくクラフト(オーストリア)、そして連覇を目指す小林陵侑(土屋ホーム)と激しく首位争いを演ずる個性派の選手たちだ。

大会前日に記者会見に臨んだガイガー(左)、小林陵侑(中央)、佐藤幸椰(右)


その札幌W杯で連日、宮平ジャパンは表彰台を飾った。
初日のナイトゲームでは礼儀礼節がありコメントもじつにしっかりとしている佐藤幸椰(雪印メグミルク)が2本目に、荒れる風を切り裂いて飛距離を伸ばし優勝。翌日、日曜には小林陵が3位となった。

今季、通算ともに2勝目を挙げた佐藤幸椰(中央)今季初勝利をあげるなど飛躍のシーズンとなっている。


「スキーをしっかりと踏めることなど、それぞれにまだ手を入れる部分はあるが、とくに恵まれない風のなかで飛んでいく選手にはストレスがたまったことだと思う。そこでふてることなどなく、そういった難しさあふれる諸条件を確実にクリアしていくのが大切だ」
と語るのが、温和であり選手との対話を入念に施す宮平秀治ヘッドコーチである。
いよいよチームJPNにはまとまりがでてきた。
宮平ジャパンのメンバーはひとときの帰国と2試合を戦い、それから幾ばくかの安らぎを経た後、W杯の欧州へと再び旅立った。

すぐの土日には、オーバー150m超の巨大な台として有名なビリンゲン(ドイツ)、さらには伝統あるフライングジャンプのクルム・バドミッテンドルフ(オーストリア)という盛り上がる一戦が控えている。

雪不足でどうやら風の具合が、またあやしくなりそうなビリンゲンでは地元出身のライエ(ドイツ)の表彰台が切に望まれ、またFHクルムではついにイエロービブを手に入れたクラフト(オーストリア)の圧勝が期待される。 小柄な勇者クラフトは前年の札幌W杯で連勝したときと比べ、さらにテクニックを昇華させているのがよく見てとれた。
「難しさがあり安定しない風といわれる大倉山でしたけど、なんとか風に乗ってしまえばイケますよ。いつもながらここは好きなシャンツェですね」
クラフトは微笑みを絶やさずにそう語った。

現在僅差でランキング1位のクラフト。小林陵侑から王座奪還なるか。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
スキーを応援しよう!

スキーの放送・配信ページへ