人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

スキー コラム 2020年1月14日

インスブルックの憎い風

鳥人たちの賛歌 W杯スキージャンプ by 岩瀬 孝文
  • Line
ジャンプ週間初戦のオーベルスドルフ(ドイツ)に快勝して前年のジャンプ週間から5連勝を重ねた日本のエース小林陵侑(土屋ホーム)だ。
しかし、その後はじりじりと後退していった。

では、なぜ彼は勝てなかったのだろうか。
ランディングバーンに向かって左斜め背後からぐいぐいと吹き寄せる、厳しい追い風の2戦目ガルミッシュ・パルテンキルヘン(ドイツ)では4位に終わり、いやいやと気を取り直しての次であった。

続く3戦目は、昨年2月に行われたゼーフェルド世界選手権のときと同じインスブルック(オーストリア)では、そこまで力を入れなくてもとサッツ※1における緊張と力みに加えて、猛烈な風にあたっていた。

その不可解な風について細部なことを明かそう。それはジャンプ台のカメラマンステップに立って撮影をしていれば如実にわかる。

しかも普通の降雪であればまだ良くて、雪が少ない冬に温暖気味な湿り雪まみれとなると、乱れた気流が起きてより複雑な風となる。

詳しく言うとサッツから見て、斜め背後から左落としの風がきて、それがすり鉢型ランディング巻き上げてなんと右スキーにあたってくる。そうなると自然に右方向に流されていき、スキーに乗っていくのが難しさを増す。いわば風向きは左スキーと右スキーとで全く異質になってくるのだから難解この上ない。

とくにインスブルックのすり鉢型ボトムを渦巻いて返ってくる風が曲者だった。

それを地元オーストリアチームで普段からベルグイーゼルを飛び慣れている各選手と、名コーチのホルンガッヒャー(オーストリア出身)が前ヘッドコーチだったポーランドチームは完全に網羅して、その風の技術的な対応能力に長けていた。

そして安定したジャンプ技術を有するクバツキ(ポーランド)がサッツ後に右方向に流されていきながらも、うまく返りの風をつかんで最後にすうっと飛距離を伸ばしていた。

小林陵はそのまるで悪夢のような乱れた風にしてやられて、驚きの14位と奈落の底に沈んでいったのである。

夏から好調を維持していた小林陵侑

最終の4戦目、有力選手のクバツキ、リンビク、クラフト、陵侑らが熾烈な優勝争いを演じたビショフスホーフェン(オーストリア)は、至極だらだらで長く特徴のあるアプローチが、高温ともなれば湿雪になってスピードが出なくなる。そして体重が重いほうが有利という昔からの説が出始めてもはやウエイトの軽いJPNチームはあきらめムード。それでも7位でフィニッシュした小林陵だった。

いや、でも、あのジャンプ週間4連勝のスヴァン・ハンナバルド(ドイツ)と当時この場で表彰台中央を争った宮平秀治(現JPNヘッドコーチ)は、充分にそれを克服して表彰台に上がったのだから素晴らしかった。

後半の2戦において優勝候補のクラフト(オーストリア)は大観衆に見守られる中、地元で勝たねばならぬとの重圧をかけられてしまい、それは昨年2月の世界選手権とまったく同じ状況であった。そうなると心優しいクラフトはその圧力に飲み込まれてしまった。

その反動なのか来日する札幌W杯では気楽なまま、気迫いちばん完勝してしまうわけで、それがなんともいじらしい。

J SPORTS 番組情報

地元の声援を受け、優勝候補だったクラフトだが、インスブルック、ビショフスホーフェンともに4位だった。

新鋭リンビクのノルウェーチームは、幾度となく重ねたシュトックコーチの故郷オーストリアの保養地キッツビューエルトレーニングセンターにおける綿密な体幹トレーニングが、じつに功を奏しチームの底上げに至った。

もちろん好調の波に乗り地元ザコパネで表彰台独占を狙うであろう名将アダム・マリシュPOLチームコーディネーターひきいる好調ポーランドがいよいよ飛ばしてくる。

思うに、ゼーフェルド世界選手権ノーマルヒルで幸運ともいえる金メダルを獲得したクバツキこそ運に恵まれた選手に他ならない。今回は2本ともに140m超えを果たして圧勝、ジャンプ週間個人総合優勝を遂げたビショフスホーフェンであった。

また強豪のドイツは、新コーチのホルンガッヒャーによる指導が初年度であり、そこがウイークポイントになっていた。前年好調のアイゼンビヒラーは故障もあってか鳴かず飛ばず、中堅のフライタクは調子を崩してコンチ杯へと、さらに若手ベリンガーは調整不足が長引いている。そこでガイガーをエースに打ち立てどうにか面目を保った。
  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
スキーを応援しよう!

スキーの放送・配信ページへ