人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

スキー コラム 2014年3月20日

カナダも日本も、三姉妹が活躍! W杯総合優勝争いは、最終戦まで大激戦!

ブラボー!!モーグル by Bravoski(ブラボースキー)
  • Line

モーグル界の三姉妹! は、カナダだけでない。日本の三姉妹もいよいよブレイクか?

先週、ノルウェー・ヴォス-ミルクダーレンで行われたW杯第9戦(シングル)&第10戦(デュアル)は、シングルでジャスティンが優勝、クロエが2位。デュアルでジャスティン2位、クロエ3位、マキシム4位。デュフォー・ラポイント三姉妹(カナダ)が、大会をジャックしたような勢いだった。

[写真]伊藤さつきはヴォスでシングル6位、デュアルはクロエに惜敗し13位。日本の次期エースになってほしい素材

そんな中、日本チームは新鋭伊藤さつきが奮闘した。
W杯出場6戦目、海外W杯初参戦の20歳は、第9戦シングルを予選11位で決勝進出。ファイナル1では、スムーズなターンで5人のターンジャッジ中4人が4点台の高評価。6位に食い込み、見事最終ラウンドに進出した。スーパーファイナルでは失敗したが、堂々たる初海外戦を演じた。
そして、さらに翌日の第10戦デュアルでも決勝進出。デュアルトーナメントでは、五輪銀メダリスト・クロエと互角に戦った。トータル21対14という点差だったが、7人のジャッジがすべて3対2の採点。ターン、エア、タイムともすべてほんのわずかな差。どちらの勝ちと判定されても、おかしくない大接戦だった。

ところでこの伊藤さつきだが、姉は怪我で欠場中の日本のエース伊藤みき。そして、その上の姉、伊藤あづさは今季、’08季以来のW杯出場。このヴォス大会も出場を果たしている。つまり、モーグルW杯で活躍する三姉妹は、カナダだけにあらず。

そもそも日本のモーグル界としては、カナダの三姉妹よりも先に、伊藤三姉妹はよく知られていた。また、三女の可能性が一番高いのでは? と噂されていた点でも共通している。となると、さつきとジャスティンをついダブらせてしまう・・・。
次女みきが復活し、カナダに負けない日本の三姉妹となることをぜひとも楽しみにしたい。

さて、今週はいよいよW杯最終戦。グランプリ争いは、男女とも歴史に残る大激戦だ。

男子のW杯総合ポイントは現在、1位ミカエル・キングスバリー(カナダ)810点、2位アレックス・ビロドウ(カナダ)779点。女子は、1位ハナ・カーニー(アメリカ)750点、2位ジャスティン・デュフォー・ラポイント745点。

男子はヴォスでミカエルがややリードを広げた展開だが、31点差というのは最終戦で、「アレックス優勝とミカエル準決勝敗退」でひっくり返る。W杯タイトルは譲れないミカエルと、五輪金&W杯総合Vという最高の形で競技生活を締めくくりたいアレックス。最後のどんでん返しはあるか? 新旧王者対決のドラマが結末を迎える。

女子はヴォスの2戦でも、イエロービブは2強の間で浮遊し、現在ハナの手にある。その差わずか5点は、最終戦のわずかな順位差で逆転可能だ。

ヴォスのデュアル戦決勝でのミカエルとハナの勝利のガッツポーズは、通常の優勝時より明らかに気持ちがこもっていた。
それだけ、両者にとってW杯グランプリは大きな意味を持っており、フランス・ラプラーニュでの最終戦は大事な1戦となる。
どんな形にせよ、'14季W杯モーグルは、ドラマチックな結末となりそうだ。

[写真1]怪我もあり、伸び悩み気味だった長女伊藤あづさも復活。日本の三姉妹を引っ張る
[写真2]五輪チャンピオンのジャスティンとアレックスは、現在2位から最終戦での逆転W杯総合優勝を狙う

[写真]W杯タイトルは絶対取りたい、ハナとミカエル。最終戦を残し、僅差で首位をキープ

BravosSki

Bravoski(ブラボースキー)

今年で創刊32周年を迎えた双葉社発刊のスキー専門誌。‘90年代中盤からフリースタイルスキーに着目し、‘98年長野五輪・モーグル種目で里谷多英、上村愛子らが活躍してモーグルが一大ブームとなる。現在ではフリースタイルスキー(パウダー、パーク、モーグル)の専門誌として年間3冊発刊している。ウェブマガジンBravoski.comは毎日更新中。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
スキーを応援しよう!

スキーの放送・配信ページへ