人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

スキー コラム 2012年3月23日

歴史的記録誕生!日本チーム躍進!

ブラボー!!モーグル by Bravoski(ブラボースキー)
  • Line

3月18日、フランスのメジェーブでW杯最終戦(デュアル)が行われ、伊藤みきが決勝まで勝ち上がり、結果2位という大活躍。今季2度目の表彰台であり、’09世界選手権猪苗代大会の銀メダルに並ぶ、W杯としては自己最高位を記録した。
特に、準々決勝で女王ハンナ・カーニー(アメリカ)に勝利したのが、成長の証だった。決して大きなミスはしなかった女王に食らいつき、わずかにゴールは遅れたものの、ターンとエアで勝り、19対16のスコアで金星をあげる。そして準決勝でも、クロエ・デュフォー-ラポイント(カナダ)にターンポイントで上回り、勝利。決勝まで駒を進めた。

今季の日本チームは、第11戦スウェーデンで男子が遠藤尚、女子は村田愛里咲が初表彰台。第10戦苗場大会では、2位に復活の上村愛子、3位に伊藤みき。後半戦に4人も表彰台を獲得し、W杯総合順位では遠藤尚が8位で、伊藤みきが7位。
チーム力がアップしたことを示した。ヤンネ・ラハテラコーチの指導が大きく実を結ばせる一歩手前、という段階に近づいた雰囲気だ。

今季の総括として世界に目を向けてみると、’12季は男女とも大記録が生まれた伝説的なシーズンとなった。

男子はミカエル・キングスバリー(カナダ)が、最終戦は決勝で敗れたものの2位。今季13戦で優勝8度、2位3度、3位1度。6連勝という世界タイ記録を残した上に、全戦表彰台という史上初の快挙を成し遂げた。過去には、セルゲイ・シュプレツォフ(ロシア)が’95季に出場9戦中6勝&2位3回という記録を残しているが、1戦だけ不出場の試合があり、全戦出場ではなかった。

ミカエル以外の優勝は、パトリック・デニーン(アメリカ)が3度、フィリップ・マーキー(カナダ)とセルゲイ・ヴォルコフ(ロシア)が1度ずつ。2位4度で総合3位には、ジェレミー・コータ(アメリカ)も食い込んでおり、カナダ対アメリカという2大チームバトルが鮮明に。自国開催のソチ五輪での表彰台登壇を目指すロシア勢も上昇傾向にある結果となった。

女子は、ハンナが13戦11勝。’11季からシーズンをまたぎ、W杯16連勝という大記録を残した。
総合2位のジャスティン・デュフォー-ラポイント(カナダ)も、優勝1度、2位6度、3位1度と女王を必死に追い、17歳とは思えない安定感と将来性を示した。来季はこの2人の差が、おそらく縮まって接戦が予想される。
またこの2強以外にも、総合4位ヘザー・マクフィー(アメリカ)や、ハンナの連勝を止めたオードリー・ロビショー(カナダ)など米加両国が層の厚さを見せており、男子同様の女子も2大チームバトルとなった’12シーズンだった。

キングとクイーンが揃って独走し、今季は歴史に残る記録が残った。そして来季に向けては、打倒ミカエル、打倒ハンナという、わかりやすい構図が生まれた。
アレキサンダー・ビロドウ(カナダ)、ギルボー・コラ(フランス)が復活するであろう男子。新星が次々登場している女子。’12季W杯は幕を閉じたが、物語の続きがますます興味深くなったモーグルの世界である。

[写真左]’12季W杯総合優勝ミカエル・キングスバリー(カナダ)。8勝&全戦表彰台!19歳での王座獲得だ
[写真右]13戦11勝。2年連続3度目のW杯総合優勝。ハンナ・カーニー(アメリカ)は過去誰よりも負けない女王となった

[写真]最終戦表彰台は、優勝ジャスティン・デュフォー-ラポイント(カナダ)、2位伊藤みき、3位クロエ・デュフォー-ラポイント(カナダ)

BravosSki

Bravoski(ブラボースキー)

今年で創刊32周年を迎えた双葉社発刊のスキー専門誌。‘90年代中盤からフリースタイルスキーに着目し、‘98年長野五輪・モーグル種目で里谷多英、上村愛子らが活躍してモーグルが一大ブームとなる。現在ではフリースタイルスキー(パウダー、パーク、モーグル)の専門誌として年間3冊発刊している。ウェブマガジンBravoski.comは毎日更新中。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
スキーを応援しよう!

スキーの放送・配信ページへ