人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2019年3月19日

世界フィギュアスケート選手権大会 ペアスケーティングの見どころ

フィギュアスケートレポート by ウェイ・ション
  • Line

Text by ウェイ・ション

いよいよ世界フィギュアスケート選手権大会が日本・埼玉で開催される。最初に幕を開けるのは、ペアスケーティングの試合だ。先月の練習で木原が脳震盪を起こしたため、日本代表の須﨑海羽/木原龍一組は残念ながら欠場することになった。年に一度しかない世界のトップ選手を一気に見れるせっかくの機会なので、ぜひ彼らの華麗なる演技に注目していただきたい。ということで、ここで今年の注目のペアと演技の見どころを紹介したい。

ヴァネッサ・ジェームズ/モルガン・シプレ

ヴァネッサ・ジェームズ/モルガン・シプレ

ヴァネッサ・ジェームズ/モルガン・シプレ

グランプリファイナルに続き、欧州選手権も制覇したジェームズ/シプレ組は、まさに勢いに乗っている。多くのペアはクラシック音楽かポップなラブソングを使用している中、このペアはいつも力強いロックを使い、長い手足を活かし、現代的でダイナミックなパフォーマンスを演じる。特に、今年のプログラムは、ショートはギヨーム・シゼロン、フリーはチャーリー・ホワイトが振付を担当するほど、随所にモダンダンスの要素が見られ、とても見応えがある。

ウェンジン・スイ/ツォン・ハン

ウェンジン・スイ/ツォン・ハン

ウェンジン・スイ/ツォン・ハン

モダン風のプログラムと言えば、2017年世界王者であるスイ/ハン組の演技も絶対に見逃したくない。先月の四大陸選手権で初披露したフリーは、オープニングから斬新で難しいダンスリフトを見せ、エレメンツとエレメンツの間に巧妙な繋ぎや独特の動きをいっぱい入れ、観客を驚嘆させた。四大陸直後の練習でスイがまたケガしてしまい、万全とは言えない状態で今大会を迎えることになり、技術面で不安要素が残っているが、アイスダンスの雰囲気をも匂わせる二人のパフォーマンスをぜひ楽しみにしたい。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧