人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2019年3月19日

世界フィギュアスケート選手権大会 アイスダンスの見どころ

フィギュアスケートレポート by ウェイ・ション
  • Line

text by ウェイ・ション

シングル競技と比べて、アイスダンスは日本のテレビで放送されることが少なく、まだまだ馴染みが薄い種目だが、近年着実に人気が高まる一方だ。ソーシャルメディアの発達によりスケートファンがより映像を見やすくなったり情報を獲得しやすくなったりしているのも一つの要因だが、プログラムの選曲が多様化しており選手がより独特で個性的な演技ができるようになったことにより、芸術性を強調するこの種目の見応えがさらに増したからではないだろうか。ここで、注目選手と彼らのプログラムの見どころを紹介したいと思う。

ガブリエラ・パパダキス/ギヨーム・シゼロン組

ガブリエラ・パパダキス/ギヨーム・シゼロン

ガブリエラ・パパダキス/ギヨーム・シゼロン組

今大会の優勝最有力候補は言うまでもなく、ディフェンディングチャンピオンたるパパダキス/シゼロンだ。今シーズンは2大会に出場し、2大会とも完璧な演技で世界最高得点を塗り替えた2人は、今大会でいつもどおりの演技ができれば、4回目の優勝を果たせるであろう。なぜなら、彼らの「いつもどおり」は「完璧」だから。しかし、2人の演技を見ていると、ボディーラインや姿勢があまりにも美しく、振付けがあまりにもクリエイティブ、表情があまりにも自由自在としているように見えるので、得点や順位などを全く忘れ、ただただじっくりと2人の優雅な舞を楽しみたい。

実力的にパパダキス/シゼロン組が実質頭一つ抜けている中、アイスダンスの試合を観る価値があるのか?と疑われるかもしれないが、表彰台を巡る争いは今まで見たことのないほど熾烈で、まったく予想できない。さらに、振付けが印象的なプログラムが多く、どれも見逃したくない。

マディソン・チョック/エヴァン・ベイツ組

マディソン・チョック/エヴァン・ベイツ組

手術後の休養のため、シーズン前半は休んでいたマディソン・チョック/エヴァン・ベイツ組だが、先月の四大陸選手権で見事な演技で高得点を叩き出し優勝を飾った。エルヴィス・プレスリーの歌声に合わせて軽快に踊るフリーダンスは、斬新で独特なリフトと音楽とぴったり合うステップシークエンスがとても印象的で、いいプログラムだ。ぜひ四大陸優勝の勢いに乗って、この素晴らしい演技をもう一度みせてもらいたい。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧