人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2016年12月28日

ロシアフィギュアスケート選手権アイスダンス レビュー

フィギュアスケートレポート by セルゲイ・ヴォルコフスキー
  • Line

試合後記

シングル競技と比較して、日本では注目度が高くありませんが、美しく高貴なアイスダンス、「氷上のダンス」に、ロシア人は深い誇りを持っています。

今回のロシア選手権では、上位4組を中心とした、美しくも熱い戦いが繰り広げられました。

エカテリーナ・ボブロワ/ドミトリー・ソロヴィヨフ

1位 エカテリーナ・ボブロワ/ドミトリー・ソロヴィヨフ

優勝はエカテリーナ・ボブロワ/ドミトリー・ソロヴィヨフ。ボブロワのドーピング裁定によるブランクから一回りも二回りも大きく、強くなって帰ってきました。勝利して彼らは次のように話しています。「私たちは苦難にあってこそ鍛えられるタイプ。国内で競争があるからこそ前進しているのです(ソロヴィヨフ)」、「年の終わりををクリーンな演技と6度目の優勝タイトルで飾るのは、私たちにとっても、そして多分、ファンのみなさんにとっても最高のお正月プレゼントです!(ボブロワ)」。

アレクサンドラ・ステパノワ/イワン・ブキン

2位 アレクサンドラ・ステパノワ/イワン・ブキン

2位は技術面と表現面で大きな飛躍を見せたアレクサンドラ・ステパノワ/イワン・ブキン。

「練習から表現面に最も力を入れてきました。オフアイスでは振付師と長い時間を過ごしました(ブキン)」、「子供から大人に成長することが目標でした。やはり、男と女との関係を表現しながら、「ペア」としてプログラムを「生きる」ことが大切なのです(ステパノワ)」。彼らならではのオリジナルのツイズルが、特にフリーダンスではタンゴに乗ってビシッと決まり、素晴らしい出来でした。同じく元アイスダンスの、カルガリーオリンピックのチャンピオンであるイワン・ブキンの父親のアンドレイ・ブキンも、息子の成長をどんなに喜んでいるでしょう。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧